Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

金沢観光を計画中の方必見!歴史感じる茶屋街や日本らしい街並、坂などの名所巡り

石川県金沢市には一度は訪れて欲しい観光名所がいくつもあります。旅行の楽しみ方は人それぞれで、自分らしいMyルートを作るのも楽しいですが、今回は金沢観光に役立つヒントをいくつかご紹介します。金沢観光を計画中の方は、事前知識としてぜひ活用下さい。

 

ひがし茶屋街

chayagai2
Kanazawa-shi

 

にし茶屋街

chayagai3

 

主計町茶屋街

chayagai4

ここは石川県金沢市の茶屋街。兼六園や金沢城と並び、有名な観光名所なので、ぜひ訪れて欲しい場所の1つです。古き良き街並を残しつつ、観光の為にしっかりと整備された、その光景はあなたを感動させるでしょう。

 

<茶屋街観光のベストシーズンと観光に最適な時間帯>

ベストシーズン:春(桜)と冬(雪)
当然、桜の時期はお勧めですが、冬の雪も最高です。街中に哀愁が漂います。

最適な時間帯:夕暮れ時
至る所から漏れる明りで、辺り一面が幻想的な空間に変わります。

 

様々な坂

金沢に住む人々にとって、坂は欠かす事のできない生活の一部です。金沢の人々になりきって、坂を楽しんでみましょう。

1.帰厚坂

saka1

卯辰山に登る為の坂道です。

2.子来坂

saka2

東山の宇多須神社から卯辰山、子来町へと登る坂道です。

3.石伐坂(W坂)

saka3

犀川にかかる桜橋を渡ってすぐにある寺町台地に通じる坂道です。その見た目からW坂と呼ばれています。

4.暗がり坂

saka4

日中も日の当たらない暗い坂道の為、暗がり坂と呼ばれています。(写真は夜のもの)

5.大乗寺坂

saka5

この坂の下に大乗寺があったので、こう呼ばれています。

見るだけでなく、ぜひ歩いて登ってみて下さい。大変ですが、健康に良いだけでなく、すれ違う街の人々と触れ合う事もできます。

 

用水

chayagai5chayagai6

また、金沢の街には、至る所に用水があり、あちらこちらに生活感が漂います。京都と似ているように感じられるかもしれませんが、旅慣れた方は京都との違いを肌で感じ取る事でしょう。

 

金沢観光のまとめ

金沢は兼六園を中心に、徒歩10~15分圏内に観光地が集中しているので、兼六園や金沢城をまわった後、夕方頃に茶屋街に行くと良いでしょう。その時間帯だと、夕暮れ時の明かりを眺めつつ、疲れた体を休めることができます。

ぜひ、坂や用水といった街の光景を感じ、金沢の街自体を楽しんで下さい。また、にし茶屋街の近くには忍者寺があるので、時間に余裕がある方は足を延ばしてみるのもお勧めです。

関連記事:6 Highlights Specific to Myoryuji aka Ninja Temple and A Word of Caution

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop