Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

今話題の「VR(仮想現実)」を体験できる東京のアミューズメント施設4選

家庭用ゲーム機「PS4」のオプションとして、「PSVR」が販売開始されました。

日本国内でも、VR(仮想現実)と呼ばれる技術を利用したアミューズメント施設が続々とオープンしています。

今回は、東京近郊でVR体験ができる施設を4つご紹介します。

世界でも注目される日本の最先端ゲームを手軽に短時間で楽しめますので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

 

VRを利用する前の注意点

tokyo-amusement-vr1

VR施設は、ゲームを行うのに広いスペースが必要な場合や、その「仮想現実」という特殊な環境下で遊ぶため、さまざまな制約があります。

1. 予約制または先着予約制が多い

基本的に当日または事前予約制です。
予約の多くは、公式HPから行う事が可能です。
また、予約のキャンセルをすると返金はされないので注意が必要です。

2. 年齢制限がある:12歳または13歳以下は参加できない

先に述べた通り、実際に体を動かしたり、ゲーム内へ没頭する為に、強い刺激を受ける可能性もある為、年齢制限が設けられています。

3. 身体に異常がないこと

妊婦や高齢者、それ以外にも身体的に異常がある人もゲームに参加できません。
特に光刺激で異常を起こしたことのある人は、参加は見送るべきでしょう。

4. 身長や体重制限がある場合もあります

可動式の操縦席などの制約によって、身長や体重に下限または上限が設定されている場合もあります。
これは、体験するゲーム毎に違いがありますので、現地で確認してください。

 

1. VR PARK TOKYO

tokyo-amusement-vr2
Photo by entertainmentstation.jp

超高層ビルに設置された足場上で、銃撃戦や与えられたミッションをクリアする「DIVE HARD VR」など、全部で6つのアトラクションがあります。

施設全体が80分間の完全入れ替え制で、時間内であれば何度でもアトラクションを遊ぶ事ができます。

フリードリンクバーがあり、遊んで喉が渇いても好きなジュースを好きなだけ飲めます。

当日入場も可能ですが、入場制限があるので、確実に入場したい場合は事前予約をおおすめします。

<基本情報>
アクセス:東京駅→東京メトロ丸ノ内線→大手町駅→東京メトロ半蔵門線→渋谷駅→徒歩→「VR SPACE SHIBUYA」、地図
公式HP:http://www.adores.jp/vrpark/

 

2. 東京ジョイポリス「Zero Latency VR

tokyo-amusement-vr3

「東京ジョイポリス」は、ゲームメーカー「セガ」が運営しているアミューズメントパーク。

その中のアトラクションで、6人同時プレイができるVRアトラクションが「Zero Latency VR」です。

広いスペース内で自分が実際に行動すると、それがゲーム内に反映されるこの仕組みは、正に仮想現実です。

ゲームは事前予約制で、日時指定予約の場合は「公式HP」から申し込みます。

当日予約は「東京ジョイポリス」内の受付カウンターから申し込みします。

<基本情報>
アクセス:東京駅→JR東海道本線→新橋駅→ゆりかもめ→お台場海浜公園駅→徒歩→東京ジョイポリス、地図
公式HP:http://tokyo-joypolis.com

 

3. VR ZONE SHINJUKU

tokyo-amusement-vr4
Photo by enterjam.com

お台場にあった施設が2017年7月14日に新宿へ移転しました。

過去記事にある「装甲騎兵ボトムズ」のVRシミュレーターもここにあります。

また、「エヴァンゲリオン」の操縦体験ができる「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」、「機動戦士ガンダム」が登場する「ガンダムVR ダイバ強襲」、「マリオカート アーケードグランプリVR」など、保有するVR設備は日本随一です。

入場には、入場日時予約制で事前予約が必要です。

予約は公式HPから受け付けています。

また、予約は入場開始時間のみ指定です。

入場後の時間制限はないため、何時間でも滞在できますから、1日で全ての施設を体験する事も可能です。

<基本情報>
アクセス:東京駅→東京メトロ丸ノ内線→新宿駅→徒歩→「VR ZONE SHINJUKU」、地図
公式HP:https://vrzone-pic.com/

 

4. コニカミノルタ「VirtuaLink

tokyo-amusement-vr5
Photo by japan.cnet.com

東京のシンボル「スカイツリー」の下にある「スカイツリータウン」内にあるVR施設です。

ここが他と違うのは、ゲーム参加者全員で協力するタイプのゲームだという事です。

VRゴーグルを装着し、2人1組で「ワンダーポッド」へ乗り込みます。

最大50人が同時にゲームに参加でき、さまざまなミッションを個別または50人全員で協力しながらゲームを進行させます。

ゲームの参加は、当日予約制です。

「VirtuaLinkチケットカウンター」にて、希望時刻のチケットを購入する方式です。

<基本情報>
アクセス:東京駅→東京メトロ丸ノ内線→大手町駅→東京メトロ半蔵門線→押上駅→徒歩→「スカイツリータウン」、地図
公式HP:https://planetarium.konicaminolta.jp/

 

tokyo-amusement-vr6

今回ご紹介した施設の多くが、周辺にデパートやレストラン、他の娯楽施設が隣接している東京の街中に存在します。

昼間は東京観光を楽しみ、夜の行楽として今回のようなVR施設を利用すれば、より充実した1日になるのではないでしょうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Berial the Demon

About the author

It has been over 40 years of reading manga in the deep world of manga. Japan’s manga has an endlessly wide variety of genres. I will be recommending special manga for you to read from such infinite amount of works.

View all articles by Berial the Demon
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop