Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

海外のフィギュア選手達も注目!日本の人気スポーツアニメ「ユーリ!!! on ICE」

今回ご紹介する「ユーリ!!! on ICE」は、冬季五輪の競技で、日本からも優秀な選手を輩出しているフィギュアスケートを題材とした作品です。

実は日本で放映された直後から、フィギュアスケートファンだけでなく、選手すらファンとなって、2016年冬はブームになりました。

 

あらすじ

anime-yuri-on-ice1

フィギュアスケート競技のスケーターである主人公「勝生勇利(かつきゆうり)」は、23歳であるが、今シーズンの競技成績が低迷し引退を考え、米国から日本の九州地方にある故郷・長谷津へ帰国する。

たまたまネットの動画配信で主人公「勝生勇利」のスケーティングを見た、世界トップフィギュア選手「ヴィクトル・ニキフォロフ」は、自分が「勝生勇利」のコーチになると、「勝生勇利」へ申し出る。

anime-yuri-on-ice2

更には、「ヴィクトル・ニキフォロフ」からコーチをしてもらう約束をしていた、ジュニア金メダリストの「ユーリ・プリセツキー」も、「ヴィクトル・ニキフォロフ」の後を追いかけて「勝生勇利」達のもとへと押しかける。

「勝生勇利」と「ユーリ・プリセツキー」、ふたりの「ユーリ」が互いに技術を競い合い、フィギュアスケート競技の最高峰である「グランプリシリーズ」へ挑む。

 

考察

anime-yuri-on-ice3

画像は主人公「勝生勇利」のコスプレですが、このコスプレをしている人は、実際のロシア代表・エフゲニア・メドベージェワ選手です。

彼女だけでなく、エフゲニー・プルシェンコやジョニー・ウィアーなど、フィギュアスケート界で有名な人達がツイッターなどで本作品を見ていることアピールしています。

anime-yuri-on-ice4

フィギュアスケートというと「女子フィギュアスケート」が有名ですが、本作品は「男子フィギュアスケート」がメインとなっています。

日本のアニメというと、可愛い女の子がたくさん登場する男性向けである「萌えアニメ」が主流です。

しかし、本作の視聴対象は女性、更には低学年の少女ではなく、中学生以上の女性を対象としている作品です。

anime-yuri-on-ice5

実際のフィギュアスケート選手達が魅了されているのには、理由があります。

アニメ内のフィギュアスケート競技の場面は、実際のフィギュアスケートの振付師が参加して制作されており、またダンスシーンでは3Dモデルを使ったCGアニメーションではなく、アニメーターによる手書きを採用し、大胆な構図とアクションで視聴者へ「見せる事」を意識して製作されています。

特にオープニングのフィギュアスケートは、実際に演技をする人間の姿からシーンを描き起こしており、フィギュアスケートファンが見ても納得ができるほど細部までしっかりとつくり込まれています。

更には、元フィギュアスケーターの「織田信成」やスイスの代表選手「ステファン・ランビエール」も本人として出演しています。

anime-yuri-on-ice6

本作品を監督した「山本沙代」という女性は、「サムライチャンプルー」や「進撃の巨人」では演出や絵コンテを担当した実力者です。

そして、本作品の前には、実験的作品をネットで公開する「日本アニメ(ーター)見本市」にて、フィギュアスケートを題材とした作品「ENDLESS NIGHT」を製作しています。

「ENDLESS NIGHT」については、公式ホームページである「日本アニメ(ーター)見本市」での公開は終了していますが、YouTubeなどに動画がUPされています。

 

ストーリーおよびキャラクターデザインは、漫画家の「久保ミツロウ」。

代表作品としては、実写映画化された「モテキ」の原作者であり、実は漫画以外にもTV用のイラストなども手がける第一線で活躍している漫画家です。

こうした実力者達が製作したアニメだからこそ、ここまで人気が出たのでしょう。

anime-yuri-on-ice7

「ユーリ!!! on ICE」の放映は、日本では2016年10月から12月であり、実際のフィギュアスケートシーズンと合わせて放映されました。

物語は大団円を迎え、しっかりと全登場人物の「エキシビション」までが放映されました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Berial the Demon

About the author

It has been over 40 years of reading manga in the deep world of manga. Japan’s manga has an endlessly wide variety of genres. I will be recommending special manga for you to read from such infinite amount of works.

View all articles by Berial the Demon
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop