Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

【日本の伝統】知っておきたい湯のみの種類 ― 日本茶を手軽に家庭で楽しむには?

日本では昔からお茶が好んで飲まれてきました。

伝統的なお茶というと、外国人の方の多くは茶道の抹茶を思い浮かべますが、一般的な日本の家庭で食後に出てくるお茶は抹茶ではありません。

茶道には細かい決まりや手順がありますが、実際の家庭でのお茶の入れ方や飲み方は、小さいころから両親や祖父母を見て体得したものです。茶道は立派な日本文化ですが、日常飲まれているお茶はもっと手軽で、誰でも楽しめるものなのです。

 

茶器「湯のみ」

japanese-green-tea1
著者撮影

日本茶を飲む時に使用する器を日本の湯のみにすれば、より日本茶らしく、そしてより美味しく感じるでしょう。

日本では、マイカップのように「マイ湯のみ」を持っていて、長い間ずっと大事に使い続けている人も少なくありません。

急須に関しては、「使い続けて育てるもの」とさえいわれます。

また、湯のみや急須はお手頃な物から本格的な物まであり、形も素材も様々なので、ぜひお気に入りを見つけて自宅で日本茶を楽しみましょう。

 

以下に、主な湯のみの種類をご紹介します。

1.磁器の湯のみ

japanese-green-tea2
著者撮影

つるりとなめらかな触感で薄手のものが多い磁器の湯のみはとても上品。来客時に使われることも多いです。

表面にガラスなどで細工を施したものもあり、冷たいお茶にもとても合います。形はおわん形や筒型など様々です。

2.陶器の湯のみ

japanese-green-tea3
著者撮影

japanese-green-tea4
著者撮影

陶器の湯のみは少し重みがあり、土の触感がほっこりあたたかく感じます。どちらかと言うと日常的に使用されることが多いです。

形は筒型のものがほとんどで、少し多めにお茶を入れたい時におすすめです。

また、厚さがあるので熱が伝わりにくく、熱いお茶でも飲みやすく、また冷めにくいのも特徴です。

3.ガラス製やマグカップ型

最近ではガラス製の湯のみもあります。持ち手が付いていますので、飲みやすさを求めるならこちらがおすすめです。

 

器を揃えて日本茶を入れる準備が整ったら、実際にお茶を入れてみましょう。あなたはおいしい日本茶の入れ方をどこまで知っていますか?

関連記事:
ワンランク上のお茶が飲みたい!家庭でも簡単にできる、おいしい日本茶の入れ方

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop