Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

厳選!大阪の面白い看板と、美味しいグルメ ― 難波周辺「ミナミ」道頓堀を探索しよう!

大阪の繁華街は、大きく「キタ」と「ミナミ」にわけられます。

「キタ」は大阪駅周辺、「ミナミ」は難波周辺のことですが、「ミナミ」には、大阪らしい、コテコテの大阪「道頓堀」があります。

 

道頓堀にあるユニークな看板たち

1.6代目道頓堀グリコサイン(昼間)

osaka-minami-namba-dotonbori1
著者撮影

大阪道頓堀戎橋(えびすばし)南西袂にグリコが設置している巨大看板。「道頓堀といえばグリコの看板」というぐらいの有名なスポットですよね。当然、国内外の観光客に大人気です。

2014年10月からこの6代目が登場し、なんとこの看板の初年度の経済効果は大阪府で128億4900万円というから驚き!

2.道頓堀グリコサイン(夜間)

osaka-minami-namba-dotonbori
著者撮影

グリコの看板は、日没30分後に点灯し、24時に消灯されます。6代目からは、LED電球14万個が使われるようになり、LEDになったことで、ランナーが世界を駆け抜ける特別動画も楽しめるようになりました。昼間とはまた違うお楽しみが増えたのです。

グリコの看板あたり一帯を道頓堀と言って、多種多様なレストランがひしめき合っています。そして、各レストランが、大阪らしい「目立ってなんぼ!」的な看板を掲げ、競い合っているのです。地図

3.道頓堀全景

osaka-minami-namba-dotonbori2
著者撮影

どうです?この熱気!このカオス!

「くいだおれの街」大阪の食べ物は、どれもこれもおいしいこと間違いなしですが、ユニークな看板を見ながら食べ歩き、というのも良いですよ!

4.かに道楽のかに看板

osaka-minami-namba-dotonbori3
著者撮影

カニ脚がワサワサと動きます。看板の下、店頭では、焼きガニなどが売られていて、香ばしい香りが漂っています。香りに誘われて買ってみましょうか?レッツ食べ歩き!地図

5.串かつだるまの看板

osaka-minami-namba-dotonbori4
著者撮影

名物店主の「激おこ」顔!「ソースの二度漬け禁止」は厳しいルール。ルールを守らなかったら怒られるよー。

osaka-minami-namba-dotonbori5
串かつ:著者撮影

ソースにドボンとつけて、かぶりつくのが大阪流。何本でも食べられるから不思議です。ビールが進みます。地図

6.道頓堀コナモンミュージアム

osaka-minami-namba-dotonbori6
著者撮影

ここは、日本コナモン協会監修(!)の、コナモンフードテーマパーク!太っ腹にも入場無料です。

大阪といえば、コナモンです。コナモンってなに!?もちろん、粉(小麦粉)で作る、お好み焼きとかたこ焼きのことです。このコナモンミュージアムでは、たこ焼きのロウサンプルも作れます。ぜひやってみて!地図

7.づぼらやのフグ看板

osaka-minami-namba-dotonbori7
著者撮影

このフグの看板は昔からありましたねー。地図

8.元禄寿司の握り寿司看板

osaka-minami-namba-dotonbori8
著者撮影

道にせり出す、寿司をつまむ巨大な手。笑

まさにこれは、「目立ってなんぼ」「おもろてなんぼ」の大阪的なものですね。大阪的エネルギーをぜひ持って帰ってくださいね!地図

 

法善寺 水掛不動

osaka-hozenji-temple
著者撮影

道頓堀と千日前通の間の狭い路地の奥に、水掛不動で有名な法善寺があります。こちらの水掛不動は、参拝者が掛ける水で、全身、苔にびっしり覆われていることで有名です。お水を掛けて願うのは、商売繫盛?恋愛成就?地図

関連記事:
大阪・難波の「千日前道具屋筋商店街」をゆく ― ハイレベルな台所用品と商いのストリート

 

夫婦善哉

osaka-food
著者撮影

法善寺水掛不動の目の前にある「夫婦善哉」という名前のぜんざい屋さん。小さなお椀がふたつ、これで一人前です。地図

 

さあさあ、次は活気溢れる黒門市場に行きましょー!

関連記事:
腹ペコで行こう!大阪「ミナミ」の活気溢れる「黒門市場」で食べ歩き

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Atsuko

About the author

I am a licensed guide (in English) who was born and raised in Nara. I hope to convey the beauty of Nara and its history, the current Nara as well as the old and new of Kansai Area. Trust me to keep you in the know about Nara and the Kansai Area!

View all articles by Atsuko
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop