Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

「七五三」女の子は3才と7才、男の子は3才と5才 ― 子供の成長をお祝いする日本の伝統儀式

七五三とは

「七五三」は、子供たちの健やかな成長を祝い、そして氏神様やご先祖様が守ってくださったことに感謝し、さらなる成長をお祈りする日本の伝統行事です。漢字で表記の通り、7才、5才、3才でお祝いをします。

昔は、医療技術が現在のような水準にあったわけではないので、子供を育てるのは簡単なことではありませんでした。それゆえ、7才5才3才は大事な節目の年だったのです。

shichi-go-san1
著者撮影

七五三では、子供たちは和装をし、多くは神社に参拝に行きます。少子化の近年にあっては、七五三は祖父母にとっても大きなイベントです。最近では、子供の成長を記録したり祝うイベントとして、神社にお参りすることも減り、写真館での記念撮影だけで済ませる人も多いです。そんな中、神社で孫の写真を撮るおじいさん、おばあさんは、うれしそうで微笑ましい光景です。七五三は、親族で集まり、絆を深められるという意味合いもあります。

 

七五三っていつ?

shichi-go-san2
神社の境内(著者撮影)

季節は秋、七五三は11月15日が当日とされていますが、現在では、11月の土日や祝日のどこかで行われることがほとんどです。

 

女の子の七五三

shichi-go-san
著者撮影

女の子は、3才と7才で七五三をおこなう場合が多いです。

江戸時代、数え年3才(満年齢で2才)まで髪を剃る習慣があったため、3才でそれを終え、髪を伸ばす儀式であったそうです。

また、女子は、数え年7才(満年齢で6才)から、大人と同じ幅の帯を結びはじめることから、7才はその儀式とされています。

関連記事:実はこっちが主役?着物のベストパートナー「帯」の種類と格

 

男の子の七五三

shichi-go-san3
著者撮影

男の子は、3才と5才で七五三をおこなう場合が多いです。

男子は、数え年5才(満年齢で4才)から袴を着る年齢とされたことから、5才は初めて袴を着る儀式としての意味があると言われています。

shichi-go-san4
著者撮影

由来として、それぞれの年齢に儀式的な意味はあったものの、現在では、7才5才3才の3回すべておこなう人もいます。

 

最後はめでたい千歳飴をもらう

shichi-go-san5
著者撮影

shichi-go-san6
著者撮影

七五三は、神社参拝後、最後に宮司さんから千歳飴をいただいて神事が終了です。

shichi-go-san-chitose-ame
著者撮影

千歳飴とは、千年、つまり長寿の願いが込められた飴です。細長く、紅白で彩色された千歳飴は、松竹梅や鶴亀、高砂の尉(じょう)と姥(うば)といった、日本の伝統的なおめでたい図柄の描かれた袋に入れられて、渡されます。

関連記事:なぜ和食はわざわざ「松竹梅」とランク付けするの?

 

皆さん、11月の休日に全国の神社を訪れると、七五三のハレ着を着た可愛い子供たちを見ることができるかもしれませんよ。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop