Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

東京の奥座敷「奥多摩エリア」 ― 行楽シーズンにぴったりな、自然溢れる東京近郊「紅葉名所」

さあ、日本では秋が深まってまいりました。テレビやラジオで各地の紅葉情報を聞きながら、「今年の紅葉はどこに行こうかな」と考えている方も多いのではないでしょうか。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama1
著者撮影

今回ご紹介する紅葉スポットは、東京の奥座敷「奥多摩エリア」です。奥多摩は紅葉が有名ですが、他にもハイキングなどもでき、楽しみ方がいろいろなエリア。東京から電車で2時間ほどの距離にありながら、丸ごとの自然と美しい紅葉を満喫できます。外国人観光客の方にもお勧めしたい観光スポットです。

 

まるで絵葉書!橋からの眺めは見逃せない

奥多摩の魅力といえば、雄大な山に囲まれた渓谷が織りなす大自然です。紅葉の時期となれば、赤色や金色の葉の彩が添えられ、ますます見る人の心を惹きつけます。

奥多摩の渓谷には橋が架かっているスポットがいくつもあり、見逃せない絶景がそこにはあります。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama2
著者撮影

まずは、愛宕トンネル先の「東長畑橋(ひがしながはたばし)」から見た紅葉風景です。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama3
著者撮影

橋の反対側も既に葉が色付いていました。写真の手前からずっと奥に至るまで、紅葉と渓谷が続いています。

紅葉を目と心で楽しむうちに、癒され、自然のパワーを吸収できたような感じがします。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama4
著者撮影

この日は最高気温11度、最低気温5.1度、小雨でした。東京とはいえ、山に囲まれた地域のせいか寒かったです。著者は「寒いけど、紅葉が綺麗で嬉しい!満足!」といった心境でした。

 

白丸ダム:某番組のロケ地だったの?

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama5
著者撮影

続いて白丸ダムです。白丸ダムは、「鳩の巣駅」から徒歩10分程度の距離にあり、1963年建設、最大16,400kwの電力を発電させることのできる発電専用ダムです。最近ではダムの施設、魚が通る道「魚道」が密かに人気だとか。大人も子供も自然学習を楽しめそうな場所です。

そしてこのダムは、「人造人間キカイダー」のエンディングの舞台になったそうです。その後インターネットで探してみたのですが、残念ながら情報は見当たりませんでした…。また、白丸ダムの上流にある小河内ダムは、同番組の第一話のロケ地だったそうです。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama6
著者撮影

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama7
著者撮影

もし快晴であれば、ダム湖のエメラルドグリーンの輝きを楽しめます。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama8
著者撮影

天候に関して少し残念でしたが、ただ、小雨のおかげで、空気の透明感や草木の香りをいつもより多く感じることができました。

 

橋が違えば、紅葉もまた違って見える

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama9
著者撮影

こちらは「琴浦橋(ことうらばし)」からの紅葉風景です。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama
著者撮影

橋の反対側の紅葉です。個人的に一番のお気に入りスポットです。赤と黄色が混ざり合って、まさに自然のイルミネーション。色付いた葉が、山の表面を華やかに演出していました。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama10
著者撮影

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama11
著者撮影

高所恐怖症の著者ですが、橋の下を撮影してみました。

 

「むかし道」にある橋もおススメ!

最後は、大麦代(おおむぎしろ)トンネルを抜けて左手に折れ「奥多摩むかし道」へ向かいました。こちらの道沿いの「道所橋(どうどころばし)」も楽しみにしていたスポットです。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama12
著者撮影

紅葉を間近に見ることができ、うっとりしています。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama13
著者撮影

歩いていると、このような光景が右手に現れて、道中を楽しませてくれました。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama14
著者撮影

「道所橋」から眺める風景に感動しています。ちなみに、立て看板には、5人以上で渡らないようにと書いてありました。

Autumn-leaves-Tokyo-Okutama15
著者撮影

橋から撮影しました。この日は誰もいなく、静寂の中、川のせせらぎだけが聞こえ、とても東京都にいるとは思えないほどでした。

 

いかがでしたか?奥多摩は東京から日帰りで楽しめる紅葉スポット。どの場所からでも紅葉を楽しむことができます。

おそらく、日本の先人たちも、紅葉の時期を楽しみに待ち、そしてその瞳に美しい紅葉の風景を映したことでしょう。川のせせらぎを聞いて、紅葉を見て、自然を通して季節を感じながら暮らしていた先代の生活に思いを巡らせてみると、幸せの基準について考えるきっかけになるかもしれません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop