Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

今話題の「奈良町」を散策してみる ― 古い歴史・伝統と現在(いま)が共存する町

奈良を観光で訪れる人たちの間で今一番ホットな場所、「奈良町」を実際に散策してきました。今回はその時の様子をご紹介します。

 

奈良町について

奈良町は、奈良観光の中心・猿沢池から南に広がる、歴史的町並みが残る風情あふれる町です。JR奈良駅、近鉄奈良駅いずれからも徒歩圏内で、とてもアクセスが良いです。奈良町の中には大きな道がないため、地図片手にゆったりと散策できるのが魅力です。

また、奈良町の歴史は古く、飛鳥時代にまで遡る元興寺をはじめ、数多くの歴史的寺社仏閣が残っていますが、その一方では、江戸時代以降の古い町屋を現代の感覚で蘇らせたカフェやギャラリーもあり、古い歴史と現在(いま)が交錯する魅力あふれる町となっています。

naramachi-travel1
奈良町「吉祥堂」:著者撮影

そして、奈良町は身代わり猿が有名で、「奈良町といえば身代わり猿」と言われるくらいです。身代わり猿は、魔除けを意味し、災難が入ってこないように店先に吊るします。災いを代わりに受けてくださるのです。地図

 

奈良町の歴史:元興寺

奈良町の歴史は、710年の平城京遷都にまで遡ります。平城京の外京に、たくさんの社寺が置かれたことが、その都市としての発展の始まりです。そしてその最初の一歩が、元興寺です。

元興寺は、「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。飛鳥の地に蘇我馬子が建立したわが国最古の仏教寺院・法興寺が、平城遷都に伴ってこの地に移され、元興寺となりました。

naramachi-travel2
元興寺本堂(極楽坊):著者撮影

元興寺では、本堂(極楽坊)、禅室(本堂横)、五重小塔(法輪館)が国宝に指定されています。

naramachi-travel3
著者撮影

そして、元興寺といえば瓦を見逃すことはできません。

本堂(極楽坊)と禅室に葺かれている屋根瓦の一部に、飛鳥時代から奈良時代にかけて作られた瓦が含まれています。博物館の棚に展示されているのではなく、実際に屋根に葺かれ、風雨にさらされ、今なお現役でその役目を果たしているという所がすごい所です。

そして、これらの瓦の特徴は、上部がすぼまり、下部がひろがっているという漏斗のような独特な形状をしていることです。それを重ねる葺き方を行基葺(ぎょうきぶき)といいますが、禅室の屋根には、その「行基葺」とその後の「本瓦葺」の両方を見ることができます。地図

 

奈良町の産業:今に受け継がれる伝統の技

当時、元興寺は、東大寺、興福寺と並ぶ大寺院でしたが、中世以降、衰退します。中世以降は、元興寺旧境内に、筆、墨、蚊帳、晒、漢方薬、酒などの様々な産業が発展し、その後も連綿と受け継がれ、そのままの形で、あるいは現代の息吹を吹き込まれて今もなお続いています。奈良町では、その一端に触れ、また味わい、お土産として購入することもできます。

naramachi-travel4
菊岡漢方薬局:著者撮影

1184年創業、24代にわたって続いている漢方薬の老舗。漢方薬は、自然のままの木根草皮などの生薬によって全身の調和を整え、体質を根本的に改善するお薬です。相談にものってもらえます。地図

 

奈良町の様々な見どころ

奈良町は、元興寺のほかにも見どころが満載です。

1. 庚申堂

naramachi-travel5
著者撮影

身代わり猿で有名な「庚申堂」。地元の方には、「庚申さん」と親しまれています。町内の家々の軒先に吊るされている身代わり猿は、お土産に買うこともできますので、ぜひ記念にどうぞ。地図

2. 御霊神社

naramachi-travel6
著者撮影

聖武天皇の長女、悲運の井上内親王の霊を慰めるための御霊神社。境内の出世稲荷神社は縁結びの神様で、ハート形の絵馬を奉納することができます。地図

3. 奈良町にぎわいの家

naramachi-travel
著者撮影

築100年の奈良町にぎわいの家。奈良町では、様々な町家が、保存、開放され、コンサート、茶会、講座などが催されています。ぶらっと寄って参加してみるのも良い体験になるでしょう。地図

 

奈良町の現代の息吹:鹿の舟

奈良町には、現代(いま)を愉しむことができる場所も多くあります。

その代表が、奈良町南観光案内所「鹿の舟」です。奈良を代表するというよりも、日本中にファンがいるカフェ「くるみの木」がプロデュースした、観光案内所と食堂、カフェの複合施設です。

naramachi-travel7
奈良町南観光案内所「鹿の舟」:著者撮影

各種パンプレットが置いてあり、観光の相談にものってもらえます。

naramachi-travel8
中にある食堂「竈(かまど)」:著者撮影

竈の火が燃えるのを見ていると、なんだか昔の日本のようで、懐かしい気分になります。

naramachi-travel9
著者撮影

ここの食堂では、竈で炊いた炊き立てのごはんと、自然でやさしいお料理がいただけます。朝8時から朝食もいただけますので、透明感あふれる店内で、奈良県産の食材を多用したお食事をぜひどうぞ。地図

naramachi-travel10
cafe「ここはな」:著者撮影

奈良町にある愛犬同伴可のカフェ。歩き疲れたら、古民家カフェで、ゆったり、まったりするもありです。地図

 

奈良町は、昔ながらのゆったりとした時間が流れる素敵な町です。東京観光などで人混みに疲れたら、どうぞお越し下さい。慌しい日常を忘れさせてくれ、ゆっくりと羽を休めることができるでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop