Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

名古屋「城山八幡宮」 ― 恋愛運の霊験あらたか、織田家の城跡に建つ神社

城山八幡宮について

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya1
著者撮影

愛知県名古屋市、末盛通。都会の大通りを曲がると、どんと構えた森が現れる。それが、城山八幡宮だ。

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya2
著者撮影

大きな森を持つこの神社は、末森城跡地に建立された。末森城とは、織田信長の父、織田信秀によって1547年に建てられた城のことである。

信秀の死後は、信長の兄弟である織田信行が城主となったが、1556年、信行公は信長公と争って破れ(稲生の戦い)、1558年に清州城にて病を装った信長に殺された。以後、末盛城には城主がいなくなり、翌年廃城となったといわれている。

城山八幡宮の境内地のほとんどは末森城の敷地と重なっていて、その大きさは約一万坪。城郭遺構がよく残る、歴史のある観光スポットだ。

そしてこの神社は、縁結び、厄除開運、交通安全の神社として知られているが、「名古屋の恋の3大社」のひとつでもあり、特に恋愛関係に強いパワースポットである。

 

参拝者を迎える石橋

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya3
著者撮影

入り口の鳥居をくぐり、少し急な石の階段を上がると、城郭を超えるための石橋がある。赤い欄干の石橋は木々に囲まれ、時に木漏れ日も射し、訪れた人を穏やかな気持ちへと誘う。この橋を渡り、階段を登ってさらに上へ向かう。

 

稲荷神社と英霊を称える碑

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya
著者撮影

階段を登り切ると、御本殿前の駐車場が広がる。そしてその一角には豊玉稲荷社が祀られている。鳥居には、協賛会社の名前が刻まれており、比較的新しい鳥居だとうかがえる。真っ赤な鳥居をいくつもくぐると、もちろん奥には稲荷が祀られている。

鳥居がいくつも重なる姿は、小規模ながらも迫力があり、いくつもくぐるうちに神聖な気持ちになる。

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya4
著者撮影

駐車場の反対側には、「殉国碑・忠魂碑」と、「靖国神社遥拝鳥居」がある。

“―殉国碑・忠魂碑―
当時、旧田代村の田代小学校校庭に明治以来建っていたもので、昭和21年その維持管理と英霊(田代村出身の戦病死軍人)の慰霊顕彰を目的として当境内地に移転されたものである。

―靖國神社遥拝鳥居―
当時を通して靖国神社を遥拝するための標として、昭和62年春、忠魂碑移転四十年を記念し「城山三十日講」により造られたものである。
(城山八幡宮立て看板より)”

遠い場所のことを拝むことを、「遥拝」という。写真にうつる背丈ほどの鳥居を通して、靖国神社の英霊に祈りを捧げられる、名古屋でも数少ない場所だ。日本のために殉死した英霊達に、祈りを捧げよう。

 

「桃取石」の恋占い、人生占い

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya5
著者撮影

駐車場を抜けると、ゴツゴツとした色鮮やかな石段に守られた、本堂へ向かう門が現れる。その荘厳さに目を奪われつつ、門をくぐると、すぐ前の御本殿が目に入る。

御本殿への参拝が終わったら、ぜひ本堂左手に進んで欲しい。そこに、ひとつ目の恋愛運のスポットがある。

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya6
著者撮影

手前の赤い石と、奥に見える青い石が桃取石だ。一人で行う人生占い、恋人や気になる人と行う恋の成就占いができる。

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya7
著者撮影

簡単に恋の成就占いを説明するとこんな感じだ。

男性と女性がそれぞれ、青い石、赤い石に向かって立つ。そして目を閉じて振り返り、そのまま相手の方向へ向かって歩く。目を閉じたまま二人が無事出会えたら、幸が多いということだ。

一人でも恋占いができるので、訪れたらぜひやってみてほしい。

 

「水みくじ」の恋占い

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya8

城山八幡宮には、更に、恋の運勢を占う有名な占いがある。水みくじだ。

“手水舎(てみずしゃ)の横には、恋愛運・結婚運・恋人円満運・夫婦円満運を強力に高めるローズクォーツが埋め込まれた水盤が設置されています。
けがれを祓い清める水がそそいでいるこの水盤に水みくじを浮かべると、運勢を示す文字が浮かび上がります。
ローズクォーツのデザインにも意味があります。
みくじの文字はしばらくすると消えますが、持ち帰って水に浮かべると再び文字が浮き出ます。
神社に納める方は絵馬舎の結び処に結んで帰りましょう。
(城山八幡宮公式HPより)”

ローズクォーツが形取るのは、幸せの象徴、四つ葉のクローバー。そんな場所でこれからの恋を占えば、恋愛運アップ間違いなしだ。恋に悩む人も、そうでない人も、ぜひやってみよう。

 

縁結の御神木「連理木」

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya9
著者撮影

幹周り4メートル、樹高15メートルにも及ぶ、名古屋市最大のアベマキだ。

この御神木は、伸びている枝が他の枝と繋がりひとつになっているので、連理木と呼ばれる。このような木は古来吉兆とされ、この木のもとで出会った男女が結婚するといった出来事が多くある、パワースポットになっている。

周りが木々で囲まれているのに存在感を失わないほどの力強さがあり、人を結びつける力があると言われてもすんなり納得できる。

shiroyama-hachimangu-shrine-nagoya10
著者撮影

いかがだっただろうか。城山八幡宮は歴史が深いだけでなく、恋愛運に関するパワースポットがたくさんある、霊験あらたかな場所だ。神社観光自体が目的でも、恋のお悩み解決が目的でも、来て間違いはない素敵な神社。名古屋に来た際には、ぜひ立ち寄ってみてほしい。地図

関連記事:
日本三大神社の1つ「熱田神宮」の参拝方法とおすすめの歩き方
日本一魅力に欠ける街!?実はたくさんある「名古屋の観光名所」と「名古屋めし」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop