Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

あなたの人生感を豊かにする「禅」 ― 東京の禅寺で座禅体験、そして禅の言葉の意味を知ろう

今や「禅」は世界中で人気を集め、多くの人が実践しています。世界では「ZEN」として知られ、アメリカでは「サンフランシスコ禅センター」という、禅の勉強をできる施設があります。ヨーロッパ各地でもセミナーが行われ、多くの人が禅を体験しています。タイトル写真:flickr

それに伴い日本でも禅が見直され、ビジネスマンをはじめ、学生、主婦などの中でも、毎朝禅寺に行き、坐禅をする人が増えています。かのスティーブジョブスも禅を実践していたようですが、禅が心や体に与える効果は計り知れないものがあり、突然のひらめきや、良いアイディアが生まれる手助けをしてくれるとも言われています。

禅の元々の発祥地はインドや中国です。しかし、日本に伝えられて大きな発展を遂げました。多くの禅寺が各地に建設されたり、様々な宗派に派生したり、禅は日本の生活に深く根付き、日本の独自の文化となったと言っても過言ではないでしょう。

今回は、そんな日本特有の文化「禅」をご紹介します。

 

禅って何だろう?

zen1
写真:flickr

禅はもともとインドや中国で生まれ、それが日本に伝わったと考えられていることは既に述べました。

達磨という南インド出身の僧が開祖となって仏教から派生させ、坐禅を主な修行とする禅を中国に伝えました。中国に伝わった後は、さまざまな僧によって宗派が作られました。一時は発展をとげましたが、時代が変わるとともに衰退していき、やがて他の宗教に取って代わられるようになりました。

一方で、ほとんど同時期、鎌倉時代に禅は日本に伝えられました。日本に渡った禅僧たちの地道な努力によって少しずつ庶民の間で広まり、様々な宗派が生まれました。そして、各地に禅寺が建てられ、同時に水墨画などといった芸術活動も行われるようになりました。ちなみに神奈川県鎌倉市に行くとたくさんの禅寺を見ることができます。

現在日本では臨済宗や曹洞宗をはじめ、様々な流派があります。それぞれで少しずつ違った教えを説いていますが、根本の修行法である「坐禅をする」という点は、どの流派にも共通しています。坐禅や禅の教えなど今改めて見直されていて、精神的な健康維持や日々の生活の見直し、ビジネスにも役立っているようです。

 

禅の言葉

zen2
写真:flickr

書店に行くと禅についての本がたくさん売られていますが、その中でも人気なのが、禅の言葉をまとめ、日々の生活に役立ててもらおうというものです。

1.日日是好日

この言葉の意味は、「毎日がすばらしい一日であり、心の持ちようでその一日が良いようにも、悪いようにもなる」ということ。

例えば、失敗をした日でも嫌な日だと思わずに、人生の試練、これからの糧になると思えば、とても有意義で良い日となるでしょう。

2.知足

人間は欲望の塊です。欲しいと思うものはたくさんあり、きりがありません。お金があればあるほど、物を買ってしまうでしょう。友達が良いものを持って幸せそうにしていると、うらやましく思い、自分もそういう風になりたいと思うものです。

しかし、実際は今の状態で十分であり、幸せなのです。そのことに気付ければ、余計なものを求めることなく、幸せを感じることができるでしょう。

3.一期一会

「どんな人との出会いも大切にしなさい」という意味です。

その出会いはもしかしたらもう二度と訪れないかもしれません。もしその出会いを無碍にしたら、喜びや幸せを手に入れられないかもしれません。

禅の言葉を集めた本はたくさん出版されていますし、インターネットで検索しても出てきます。禅の言葉を知るだけで、自分の人生を良い方向に大きく変えることができるかもしれません。ご自分でも調べてみることをオススメします。

 

禅を学べるお寺

zen3
写真:flickr

実際に禅寺に足を運び、お坊さんからお話を聞くのもとても良い方法です。特に、多くの禅寺では坐禅会というものが開かれていて、実際に坐禅を組んだり、お坊さんのお話を聞くことができます。その体験は、より一層禅について知れ、そしてより一層人生の糧になることでしょう。

いくつか坐禅を体験できる東京都内のお寺をご紹介します。

1.万福寺(葛飾区)

この禅寺では坐禅会の他に写経会も行っているようです。ホームページでもお坊さんのとても興味深いお話が掲載されております。情報も充実しているのでぜひのぞいてみてください。地図公式サイト

2.泰宗寺(豊島区)

豊島区の染井霊園の近くにあるお寺です。場所柄とても閑静なところにあり、良い環境で坐禅を体験できるでしょう。

こちらでは毎週土曜日朝8時から坐禅会が行われているようです。読経会(お経を読む会)も開催されているので、こちらに参加してみるのも面白いかもしれません。地図公式サイト

3.龍雲寺(世田谷区)

坐禅の仕方や写経について詳しく教えてくれる初心者に優しいお寺です。年中行事もたくさんあり、坐禅だけでなく、訪れるだけでも楽しめる禅寺でしょう。

また、一年を通して様々な花が咲き、四季折々の姿も見せてくれます。地図公式サイト

 

今や禅が世界中で実践されるほど人気である理由を理解していただけたでしょうか。

坐禅で心を空っぽにし、落ち着くことで、無駄な心配や余計な欲望を消し去ります。再び目を開けた時には、新しい世界がそこにあるはずです。また、禅の言葉を理解すれば、シンプルな考え方を持てるようになり、幸せを手に入れる手助けをしてくれます。

日本には、そのような禅を学べる、人生を豊かにするための勉強ができる禅寺がたくさんあります。全国を旅行する際には、是非、そのような禅寺も観光ルートに組み込んでみてください。

関連記事:
栃木「古峯神社」で宿坊体験 ― 天狗が祀られた神社で日本文化を改めて知ろう

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
FJ

About the author

Hi! My name is FJ. Travelling is fun and it's something that gives you life lessons and enriches your life. I hope travelling to Japan becomes one of those times for you too. I'm here hoping to help you have good times in Japan by providing information and tips on many kinds of things. Enjoy your travels!

View all articles by FJ
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop