Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

日本一の湧水巡り ― 神奈川県「秦野市」の水は、名水百選のおいしさ部門第1位

神奈川県西部にある秦野市の水は、昭和の名水百選に選ばれており、2015年に環境省が名水百選選定30周年の記念で開催した「名水百選総選挙」の「おいしさ」部門の第1位になりました。今回は秦野の名水で有名な場所のいくつかを、周辺の情報と合わせてご紹介します。

 

なぜ秦野の水がおいしいのか?

kanagawa-hadano-water1
著者撮影

その理由は秦野の地形にあります。秦野市は神奈川県で唯一の盆地であり、西側と北側は大部分が国定公園になっている丹沢山地、南側は大磯から続く渋沢丘陵に囲まれています。丹沢山地から流出した土砂で形成された土地で、降り注いだ雨が年月をかけてミネラル分を含み、地下水として蓄えられ湧き出ているのです。

かつては地下水の汚染などが問題になったこともありましたが、現在では浄化が進み、名水百選に選ばれるほどの高品質な水となりました。市内にあるたくさんの湧水ポイントは地元住民にも利用されています。

 

駅前で極上の水が飲める:秦野駅北口広場

kanagawa-hadano-water2
著者撮影

秦野駅の外へ向かって階段を降りるとすぐに噴水や石像があり、そこに水飲み場もあります。地下から汲み上げた水を飲用できるようにした場所です。駅前で飲用できる地下水というのも珍しいのではないでしょうか。

 

伝説の湧水:弘法の清水

kanagawa-hadano-water3
著者撮影

秦野駅北口を抜け、水無川に突き当たり右へ行き徒歩5分ほど、住宅地の中の幅の狭い道の片隅にあります。ここは弘法大師空海(774生~835没)が来たという以下のような伝説が残っている湧水です。地図

「昔、ある夏の日に、旅の僧侶が農家を訪れて、一杯の水が欲しいと頼みました。しかしその家は水をきらしており、その家の娘は「少し待ってください」と言うと、遠くまで水を求めに行き、なかなか帰ってきませんでした。しばらくすると、その娘は重そうに水を運んで帰ってきて、僧侶に飲ませました。僧侶は娘に大変感謝し、錫杖を地面に突き刺して穴を開けると、「3日経ったら底をくり抜いた臼をここに置きなさい。必ず水が出るでしょう」と言って立ち去ります。言われたとおりにすると、本当に水が湧き出ました。この地は臼から水が湧き出る「臼井戸」と呼ばれるようになり、後に旅の僧侶が弘法大師であったといわれるようになりました。」

 

緑豊かな山道に湧く:護摩屋敷の水

kanagawa-hadano-water4
著者撮影

護摩屋敷とは僧侶が木を焚いて修行する場所の意味で、体を清めるためにこの水を使っていたという由来があります。秦野から北の厚木方面へ車で行き30分ほど、ヤビツ峠を過ぎた所にあります。秦野の湧水の中でも特に知られた湧水で、離れた地域からも水を汲みに来る人が絶えません。地図

kanagawa-hadano-water5
著者撮影

この護摩屋敷の水の近くにあるヤビツ峠は、東京近郊にあるヒルクライムの名所としても知られ、天気の良い日には多くのロードバイク(自転車)が道路を走っています。また、ヤビツ峠は大山への登山口の1つでもあり、休日には登山客も訪れています。

 

関東三大稲荷の1つ:白笹稲荷神社

kanagawa-hadano-shirasasa-inari-shrine
著者撮影

白笹稲荷神社は、茨城の笠間稲荷神社、東京の装束稲荷神社とともに関東三大稲荷の1つに数えられており、2月の初午の日には特に賑わう神社です。最近ではパワースポットとしても知られているようです。

この神社の本殿鳥居の左側に、湧水が竹筒から滴り落ちる手水があります。地図

kanagawa-hadano-water6
著者撮影

境内の森を下ったところに一貫田(いっかんだ)湧水の貯水池があります。かつては秦野市の水道水として使われていましたが、現在は利用されておらず、一般来訪者による採取はできません。

 

おいしい湧水で作られる白笹うどん「多奈加」

kanagawa-hadano-water-udon1
著者撮影

湧水巡りでお腹が空いたときにおすすめなのがこのお店です。白笹稲荷神社から近道を歩いて5分ほど、住宅街の中で古い農家の屋敷を改造して営業しています。遠方から通う人も多く、6台ほど停められる駐車場も休日の昼には入りきれないほど車が並ぶことも。店の入口の横にはこの地の湧水を汲み上げた「白笹の泉」があります。

kanagawa-hadano-water-udon2
著者撮影

ここのうどんは湧水を使って作られており、地元の人からも評判のうどんです。写真は、手前が季節で具が変わる「スペシャルうどん」、奥が「釜揚げうどん」。サイドメニューとしておでんも人気があります。

<営業時間>地図
昼の部:11:00~15:00
夜の部:17:00~20:00
定休日:火曜夜

 

秦野の水を手軽に味わうには

kanagawa-hadano-water7
著者撮影

湧水巡りには行けないけど秦野の水を味わいたい時に。ボトルドウォーター「おいしい秦野の水~丹沢の雫~」が市内のコンビニなどで購入することができます。秦野盆地湧水群から汲み上げた地下水を塩素殺菌し、その後に塩素を抜いてボトリングした軟水です。

 

今回ご紹介した場所以外にも、神奈川県秦野市にはたくさんの湧水スポットがあります。また、秦野に限らず、ハイキングや観光の際に、日本全国の色々な場所の水を試して、自分の好きな味の水を見つけ出すのもまた楽しいかもしれません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop