Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

クールジャパン!「J-WORLD TOKYO」でジャンプグッズも買おう! ― 2

「J-WORLD TOKYO」ツアー後編です。前編では、ドラゴンボール、ワンピース、ナルトエリアをご紹介しましたが、まだまだ魅力的なエリアが続きます。

前編はこちらクールジャパン!「J-WORLD TOKYO」でジャンプキャラに会おう! ― 1

 

4.ハイキュー!!

j-world-tokyo7
著者撮影

最近、一大ムーブメントを巻き起こした、男子高校生達の熱い闘いを描いたバレーボール漫画、ハイキュー!!のエリアです。

こちらでは、原作で主人公達が学校生活を送っている烏野高校と商店街が再現されています。烏野高校の部室では、主人公達のロッカーを覗き見たり、自販機で売られている商品が漫画で見覚えのあるものだったりと見所盛りだくさんです。

j-world-tokyo8
部室(著者撮影)

j-world-tokyo9
坂ノ下商店(著者撮影)

中でも、商店街にある坂ノ下商店では、ミニアトラクション「売り切れ注意!坂ノ下商店アルバイト体験」にぜひ挑戦してみてください。数ある肉まんの中から特上の肉まんを選び出し、そこに書かれた星の数によってハイキューのグッズがもらえます(別途300円/回)。

あの烏飼監督と同じエプロンを試着できる場所もあるので記念撮影もお忘れなく。

 

5.黒子のバスケ

j-world-tokyo10
著者撮影

あの大ヒット作品「スラムダンク」以来の人気バスケ漫画となった「黒子のバスケ」のエリアです。

j-world-tokyo11
誠凜高校入り口(著者撮影)

j-world-tokyo12
部室(著者撮影)

j-world-tokyo13
キャラクターパネル(著者撮影)

主人公達の通う誠凜高校にお邪魔し、バスケ部の部室や体育館を見学することができます。

部室では、原作でも登場した相田リコ監督が作ったあの恐怖のカレーや、レモンのはちみつ漬けなどにも出会えるかもしれません。

一方体育館では、おなじみのキャラクター達のパネルと記念写真を撮ることができたり、キャラクター達の足跡を踏んでアニメの名シーンが画面で見られたりもするので、ぜひ全員の足跡をコンプリートしましょう。

また、ミニアトラクション「マネージャーのお仕事」では、マネージャーとなって選手達のために作ったカレーのお玉をまわして、出てきた玉の色によって景品がゲットできます(別途300円/回)。

 

6.銀魂

j-world-tokyo14

何度もこの漫画に涙が出るまで笑わされてしまったジャンプファンは多いのではないでしょうか。そう、人情コメディーでもあり、SFでもあり、何でもありのあの漫画「銀魂」のエリアです。

ただ、銀魂エリアは他のエリアと一味違い、ドットの世界になっています。でもそんな銀魂エリアは、どこかあの有名なRPGの世界にも似ていて、ついつい笑ってしまいます。約21500個のダイヤブロックを使って作られた、128.5センチメートルのぎんさんとの記念撮影もできます。

そんな銀魂エリアのミニアトラクションは、監察方山崎退の潜入調査に加わり、大江戸かわら版と山崎の日記をもとに、爆弾をかぶき町から探し出す「潜入調査ジャスタウェイを探せ」や、宝箱風の新しいガラポン「ゴリクエバトルガラポン」です。挑戦して景品をゲットしましょう(別途300円/回)!

 

J-CARNIVAL

j-world-tokyo15
著者撮影

6種類の漫画エリア以外にもまだあります。ここカーニバルエリアでは、ジャンプ作品にちなんだミニゲームや多くのプライズゲームが用意されています。それぞれのゲームに挑戦するには別途のお金がかかりますが、ここでしか手に入れられないレア景品もあるので、ぜひ挑戦して欲しいエリアです。

 

飲食スペース

j-world-tokyo16
カフェマドモアゼルメニュー(著者撮影)

J-WORLDには主に3つの飲食スペースが用意されています。

1つ目、ワンピースのサンジプロデュース「カフェマドモアゼル」では、麦わらの一味にちなんだメニューはもちろんのこと、アルコールも味わえますので、大人の方はここで一杯飲むのもありです。

j-world-tokyo17
黒子のバスケ「MJバーガーの火神スペシャル」(著者撮影)

j-world-tokyo18
ハイキュー「ぐんぐんバー」(著者撮影)

2つ目、「J-WORLD KITCHEN」は、様々なジャンプ作品にちなんだ料理、実際に原作に登場している料理を取り揃えているレストランで、注文に非常に悩む夢のような空間となっています。

j-world-tokyo19
著者撮影

3つ目は、デザートが味わえる「J-PATISSERIE」です。

ここでもジャンプ作品にちなんだかわいらしいデザートがたくさんあるので、大人も子供も一休みするのにお勧めのレストランです。

 

グッズ売り場

J-WORLDに来たら最後に、必ずフードコート横にあるグッズ売り場に立ち寄ることをお勧めします。ここでしか売っていない限定商品、季節限定ものなどがたくさんあるので、記念になる最高のお土産をゲットしましょう。

 

2部にわたってご紹介したJ-WORLD観光いかがでしたでしょうか。1日いても時間が足りないくらい、楽しめる所が満載のアミューズメントパークです。時間があれば、何日かに分けて観光したり、開催されるイベントごとに入館するのも楽しみ方のひとつかもしれません。

東京を訪れたアニメ・漫画ファン、ジャンプファンの方は、ぜひこの夢の楽園へ足を運んでみて下さい。

 

関連記事:
6 Anime and Manga Souvenir Shops of Tokyo
7 Things to Do in Tokyo: The Best Anime Cafes

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Hikaru Hara

About the author

A 23 year old female college student living in England. I would like to share cool things about Japan that I only realized after being away from Japan!

View all articles by Hikaru Hara
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop