Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

1日で巡る「京都嵐山」お勧め観光ルート ― 女子ひとり旅・後編(竹林・嵐山温泉・大河内山荘)

今回は、京都嵐山散策の第2部です。ランチ休憩を済ませエネルギー補給した後は、締めの温泉に入るまで楽しんで街を散策しましょう。

前編1~5はこちら着物レンタルをして「京都嵐山」観光!1日で巡るお勧めルート ― 女子ひとり旅・前編

 

6. 竹林の道で自然を感じよう

kyoto-arashiyama-bamboo
著者撮影

約200mにわたって続く両脇の竹の壁は圧巻です。観光客にも大人気の場所なので、道の途中途中で多くの人が撮影をしています。長い道なので少し待つだけで、誰もいない竹林を背景に着物姿で記念撮影ができます。

また、雨の日や嵐山花灯篭が開催(2016年は12/9~12/18)されている間の夜の竹林は、晴れの日や昼間とは違った雰囲気を醸し出してくれます。雨が降っても残念がらず、雨の日の雰囲気をぜひ楽しんで下さい。地図

 

7. 「大河内山荘」から京都の絶景を

Okochi-Sanso-Garden-kyoto
写真: flickr

時代劇俳優の大河内伝次郎が30年間俳優業で稼いだ金額を投資して造り上げた理想の庭園がある大河内山荘。この大河内山荘がある小倉山は、小倉百人一首でも有名な場所であり、そこから見渡す京都の街は絶景です。最近では国の文化財に登録されたことでも話題になった観光スポットです。

見学料を支払えば抹茶も付いてくるので、歩き疲れた旅の途中に、自然の中でほっこりした時間を過ごせます。地図

 

8. 嵐山の顔「渡月橋」と記念写真

togetsukyo-bridge-kyoto
著者撮影

嵐山の顔とも言える全長155mの渡月橋。現在の場所に設置されたのは、戦国時代から江戸初期あたりだと言われていますが、渡月橋と名前が付いたのはもっと前のことだと言われています。当時の亀山天皇が、月が橋の上空を移動している景色に「くまなき月の渡るに似る」と言ったことから渡月橋と呼ばれるようになった趣のある橋です。

季節によって、桜、新緑、紅葉、雪で飾られた山々が渡月橋をより魅力的に見せてくれるので、何度も嵐山を訪れている人でも、違った渡月橋の表情を見ることができるでしょう。地図

 

9. 家族、友達へのお土産「昇龍苑」

sensu-kyoto-souvenir
写真:flickr

2014年4月にオープンしたばかりの「昇龍苑」には、数々の有名店のお土産が取り揃えられています。食べものだけではなく、焼き物、布小物や竹工芸などのお土産も見つけることが出来るので、一味違うお土産探しに立ち寄りましょう。地図

 

10. 「嵐山温泉」で歩き疲れた自分にご褒美の足湯を

footbath-kyoto
写真:flickr

レンタル着物を返す前に嵐電の駅校内で立ち寄れるスポットがここ。嵐山温泉を気軽に楽しめ、一日の足の疲れを癒すことができます。

タオル付きで利用料金はたった200円という格安なので、電車を眺めながら足湯で一日を振り返るのも良いかもしれません。地図

 

嵐山は女性の一人旅でも存分に楽しむことが出来るスポットが満載です。家族旅行や友人同士での観光にも使えますので、ぜひ今回の京都嵐山観光ルートを参考に、旅のプランを作ってみて下さい。

関連記事:京都きものパスポート ― 着物を着て観光するだけで割引に!?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Hikaru Hara

About the author

A 23 year old female college student living in England. I would like to share cool things about Japan that I only realized after being away from Japan!

View all articles by Hikaru Hara
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop