Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

高知の「日曜市」は規模・歴史共に日本一!300年以上の歴史を持つ、高知城のお城下市

高知城から東へ延びる道路は、毎週日曜日になると400以上の露店がずらりと並びます。この市は「日曜市」と呼ばれ、本当に色々な物が売られています。

kochi-nichiyoichi-marketplace1
著者撮影

高知の太陽をいっぱいに浴びて育った野菜や手作りの田舎寿司、丹精込めて作られたお餅、年季の入った自家製の漬物、干物、花や季節の果物、土佐刃物に骨董品、美味しそうなお菓子やパン、ジュースや*アイスクリンなど、あらゆるものが売られており、飽きません。

*アイスクリン:昔のアイスクリーム。高知県では今でもどこででも購入できるが、他の県ではほぼ見かける事がなくなった珍しいアイスクリーム。

kochi-nichiyoichi-marketplace2
著者撮影

ついついあちこち寄り道し、色々な物に目がいって、たくさんの質問をしてしまいます。

「これ何ですか?」「どうやって食べますか?」

会話が弾みます。

kochi-nichiyoichi-marketplace3
著者撮影

この街路市は、江戸期の1690年、土佐藩のお殿様が、藩の政策として場所と日取りを定めて、「市立(いちだて)」を認めたことに始まるとされています。また、現在のような「曜市」となったのは、明治9年(1876年)からのことで、本町筋(現在の電車通り)で始めたのが起源となっています。

道路の片側2車線を歩行者用にし、長さ約1.3km、東は日曜市一丁目からお城下近くの六丁目、そして南に少し伸びて七丁目まで続きます。庶民の生活市として、300年以上に渡って人々を支え、人口30万人余りの地方都市の中で、規模においても歴史の点でも、日本一のスケールを誇っています。

歩いてみると、きっと色々なものに出会えることでしょう。

kochi-harimayabashi-bridge
著者撮影

せっかくなので、これを見て実際にこの高知の日曜市に足を運んでみようかなと思ってくれた方のために、周辺情報も。

日曜市のすぐ近くには、「よさこい節」にも歌われている名所「はりまや橋」があります。もとは江戸初期の豪商・播磨屋宗徳と櫃屋道清が両家往来のために架けたとされるもので、現在は御影石造りの橋に架け替えられていますが、ぜひこちらにもお立ち寄りください。

朱塗りの見事な太鼓橋(太鼓のように丸みを帯びて半円のようにかかっているそり橋)です。地図

関連記事:日本でここだけ!江戸時代の本丸・天守閣が完全に残る「高知城」(山内一豊創建)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}