Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

山形県にある通称「山寺」―松尾芭蕉の句で有名な静寂の中にある絶景!

宝珠山立石寺(山寺)とは

yamadera-risshaku-ji-temple1
正面:根本中堂 (Writer’s Photo)

宝珠山立石寺(ほうじゅさんりっしゃくじ)別名「山寺」は、山形を代表する観光スポットです。山寺は今から1000年以上前の860年に慈覚大師によって開かれました。山全体がお寺であり、その中でも本堂にあたる「根本中堂」は、ブナで作られたお堂としては日本で最古のもので、日本の重要指定文化財でもあります。

昔から悪い縁を切ると言われており、山形県民のみならず、日本全国の方々に親しまれています。中でも、石段を1000段以上登ってたどり着く展望台「五大堂」からの景色は絶景です。

 

山寺へのアクセス

yamadera-risshaku-ji-temple2
山寺駅 (Writer’s Photo)

山寺は山形県山形市にあり、最寄り駅は山寺駅です。地図

 -山形駅から電車で約20分
 -仙台駅から電車で約50分
 -山形市内から車で約30分

駐車場は有料であり、1日300円~500円ほどで利用できますが、電車で向かう方がスムーズです。

 

1000段以上の石段を登ってみた!

yamadera-risshaku-ji-temple3
Writer’s Photo

絶景を見に頂上の五大堂へ行くためには、この「山門」を通り、終点となる奥の院まで1015段もの石段を登っていかなければなりません。この石段は、1段、2段と登ることにより、私達が持つ「欲望」や「汚れ」が消滅するという信仰があります。女性や子供の足でも2時間ほどで登って下ってくることができます。

yamadera-risshaku-ji-temple4
緑に囲まれた石段 (Writer’s Photo)

沢山の木々に囲まれているため、夏でも不思議と暑さを感じません。

yamadera-risshaku-ji-temple5
Writer’s Photo

やっとたどり着いた終着地点「奥の院」です。きっと欲望や汚れが浄化されたに違いありません。

yamadera-risshaku-ji-temple6
左:納経堂、右:開山堂Writer’s Photo

「納経堂」の中には貴重な写景が収められており、「開山堂」には慈覚大師が祀られています。断崖絶壁に建築されている様子は驚きますね。そして、この脇を通り山寺随一の展望台「五大堂」へ行く事ができます。

yamadera-risshaku-ji-temple7
Writer’s Photo

「五大堂」から見る景色は、登った者でしか味わえない絶景となっています。秋は紅葉、冬は雪景色を、四季によって違った顔の景色が楽しめます。

 

山寺の見逃せない観光ポイント3

1. 松尾芭蕉

日本の俳人で有名な松尾芭蕉もこの地を訪れ、有名な句を読んでいます。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

関連記事:Three Poems Demonstrating the Character of Japan’s Three Great Shogun

yamadera-risshaku-ji-temple8
Writer’s Photo

きっと松尾芭蕉がこの地を訪れた時は、今よりももっと静寂に包まれた山であったのでしょう。

2. 亀の甲石

yamadera-risshaku-ji-temple9
Writer’s Photo

亀の形をした石には、古来から延命長寿の信仰があり、小銭に名前を書いて供え置くと願いが叶うとされています。

3. 玉コン

yamagata-tamakon
Writer’s Photo

山形名物である玉こんにゃく(通称:玉こん)は、実は山寺と深い関係があります。玉こんは、山寺の開祖である慈覚大師が広めたと言われており、今では山形県民によって一般的に食べられるようにまで浸透しています。登山前に力を蓄えるために食べるという意味で、別名「力こんにゃく」ともいわれています。だし醤油で煮こまれた玉こんは絶品です。

 

最後に

おすすめは朝一番に登ること。誰ともすれ違うこともなく静寂に包まれた山寺は本当に神秘的です。また、静けさの中石段を登ることで、より自分と向き合うことができるでしょう。山形を訪れた際は、ぜひ山寺に登って心身ともにリフレッシュしてみてください。

また、山寺で悪縁を切ったあとに、良縁を結ぶと言われている「若松寺」も一緒に訪ねてみるのも面白いかもしれません。

関連記事:
熊野古道 ― 遥か昔の人々とシンクロできる不思議な古道

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Eiri

About the author

I live in Yamagata, so I will be introducing sightseeing information and local culture focused on Yamagata. I am currently studying English. My hopes are to acquire the ability to use English to explain Japanese culture to international visitors coming to Japan.

View all articles by Eiri
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop