Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

江戸時代の風情そのまま残る町―秋田「角館」の城下町散策

秋田県仙北市にある角館は、江戸時代に佐竹北家の城下町として栄えた地域で、今もなお武家屋敷が立ち並び、歴史がしっかりと保存されている。春には通りの桜並木が美しい、とても風情のある人気の観光名所です。

 

城下町角館の見所

kakunodate-akita2
木塀がつづく武家屋敷通り (Writer’s Photo)

江戸時代から変わることなく、「火除(ひよけ)」と呼ばれる広場を中心に、北側に武家屋敷が立ち並ぶ「内町(うちまち)」、南側に町人や商人が住む「外町(とまち)」の2エリアで町が構成されています。外町で火災が発生した時に、武家屋敷エリアである内町に引火しないように中央に火除けが設けられたといわれています。また、夜になると木戸門を閉めることで不審者の侵入を防いでいたともいわれています。

#1 内町

広い通り沿いに木塀が続き、枝垂桜やモミの大木が立つ武家屋敷の通り。その通りには、母屋・門・蔵の屋敷構えなど、武家の特性が色濃く残された屋敷が数多く立ち並んでいます。

内町の中ほどには上・中級武士の屋敷があり、それぞれの屋敷は一般公開されています。青柳家や石黒家など、資料館や展示室として一部有料で公開されている屋敷もあります。

kakunodate-akita3
青柳家, flickr.com

かやぶきの門構え、木塀に囲まれた約9700㎡の広い敷地内には6つの資料館があり、代々伝えられた武具や美術品などが公開されています。(一部有料)

kakunodate-akita4
小野崎家, flickr.com

武家屋敷通りの最北に位置するこの建物は、木塀と立派な門構えの上級武士の屋敷でした。現在は、地域の公民館及び武道館として活用されています。

kakunodate-akita5
松本家 (Writer’s Photo)

柴垣で囲まれた屋敷は、かやぶき屋根の小さな建物ですが、江戸時代の雰囲気をとても感じることのできる屋敷です。春から秋にかけては、この地域の伝統工芸であるイタヤ細工の実演が行われています。

#2 外町

kakunodate-akita6
店が並ぶ外町の様子flickr.com

かつて商人や町人が暮らした外町は、今も古い建物や土蔵などを生かした店舗やレストランなどが数多く並びます。中でも、味噌醤油の醸造元であった安藤家や、大地主であった太田家、かつての豪商で酒蔵なども現存する五井家、「外町資料館たてつ」としてかつての家財道具などを無料公開している田鉄家、現在も昔のままの店内で薬局を営む坂本家などが見所です。

#3 桜の名所

kakunodate-akita-sakura
川沿いの見事な桜並木flickr.com

角館は、桜の名所としても有名です。毎年4月20日から5月5日に開催される「桜まつり」には、120万人以上の人が武家屋敷通りの美しいシダレザクラや川沿いの桜並木を見に角館を訪れます。

 

城下町角館の体験

#1 人力車

kakunodate-akita7
flickr.com

江戸時代、移動手段の一つとして町を走った人力車に乗って、角館エリアを巡ってみるのも良い旅の思い出になるでしょう。1台2名乗車で上級武士の屋敷を巡る15分3000円のプランなどで、江戸時代にタイムスリップした気分を味わうことができますよ。

<角館人力社>
営業時間 9:00-17:00
定休日なし(12月~3月は予約のみ)
TEL 090-2970-2324
FAX 0187-83-2324

#2 着物

kakunodate-akita-kimono
flickr.com

アンティークの着物を着つけてもらい、お仲間と共にかつての町人になった気分で武家屋敷を散策してみましょう。男性用もありますので、カップルで着物に変身して町のあちらこちらで記念撮影を楽しむのも良いでしょう。

<きもの旅しゃなり>
着付け、レンタル料金 4000円(着物、小物すべて含む)
営業時間 10:00-17:00
予約専用TEL 0187-63-6751
着付け場所 「たてつ家」

 

稲庭うどん

kakunodate-akita-udon
七代目佐藤養助稲庭うどん専門店 食事処ふきやにて (Writer’s Photo)

角館の歴史地区を散策してちょっとお腹が空いたら、是非お試しください。

稲庭うどんとは、秋田県南部の手延べ製法による干しうどんで、日本三大うどんの一つです。やや細めの平麺はのど越しが滑らかで、300年以上前からこの地方に伝わる郷土料理。冷やしゴマダレ(1050円)には、こちらも秋田名物干した大根の漬物「たくあん」の燻製「いぶりがっこ」(画像右下)もついてました。

 

いかがでしたか?今もなお侍の時代の街並みが保存されている角館は、小さな江戸の都のような町です。ここでは、武士の暮らしを垣間見ながら和服や人力車などと共に、古き日本を体験することができます。そして、昔々から地域で愛され続けている郷土料理の数々にも出会うことができるでしょう。

角館へのアクセスや、詳しい観光情報については、角館観光ガイドHPで確認することができます。また、散策には角館観光協会パンフレットPDFの地図が便利です。

関連記事:
Samurai Houses in Izumi City, Kagoshima: A Definite Must-Checkout

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Mika

About the author

I live in Hokkaido. I love the great nature and seasons of Hokkaido, delicious foods as well as travelling. I would love for everyone to learn about the beautiful aspects of Hokkaido and the rest of Japan.

View all articles by Mika
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}