Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

和食を再確認しよう!京都の外国人向け料理教室 ― 「HARU Cooking Class」「Cooking Sun」

2013年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されたことをきっかけに、日本の和食が改めて世界中から注目を集めています。今や和食と言えば、野菜中心で「ヘルシー」だというイメージを世界中の人々が持っていると言っても良いでしょう。そして、世界各国にもおいしい和食レストランは数多く存在するため、海外旅行先で和食レストランを見かけたことがある方も多いかもしれません。

最近ではそういった海外での和食人気の高まりもあって、日本を訪れた外国人観光客でも手軽に学べる和食の料理教室が大人気です。今回は、世界に浸透した和食の世界を改めて知れる、外国人観光客に人気の京都の料理教室をご紹介します。タイトル写真:flickr

 

日本食の特徴

おすすめの料理教室を紹介する前に、和食の特徴について今一度ご紹介しましょう。

1.一汁三菜

Japanese-food1
http://allabout.co.jp/

一汁三菜とは、平安時代から受け継がれている和食の基本的な形で、白米や玄米などの主食のほか、みそ汁などの汁物を一品、おかずを三品(主菜一品、副菜二品)組み合わせたものです。

このスタイルの食事では、様々な調理法でたくさんの食材を使うため、栄養のバランスもとても良くなり、一人ずつ盛り付けられるため、食べ過ぎも防げて健康的です。

関連記事:和食のマナー:すぐに実践できる正式な配膳方法

2.四季と地形を活かす

Japanese-food2
https://www.flickr.com

日本は春夏秋冬がはっきりと分かれているため、季節によって旬の食材を味わうことが出来ます。今では、温室栽培で年中手に入る野菜も多くなりましたが、やはり季節に応じて収穫される野菜ほど美味しく、栄養豊富なものはありません。

また、日本は南北に伸びた島国であるため、地域によって多種多様な食材が手に入り、海の幸、山の幸と新鮮で豊富な食材を使って、素材の味を活かした料理が楽しめます。ミネラルの宝庫である海藻類を用いた料理が多いのも和食の特徴です。

3.五感で楽しむ

Japanese-food3
https://www.flickr.com

食材毎に適した調理法を用いることにより、食感を引き立たせることはもちろんですが、様々な食材を用い彩りよくすることで、栄養のバランスが良いだけでなく、目で見ても楽しめるというのが和食の特徴です。和食は五感で味わいます。

4.うま味

Japanese-food-tofu
昆布でだしを取りながらの湯豆腐:https://www.flickr.com

関連記事:Useful Information on Tofu, the Star of Japanese food

和食の基本は「だし」です。だしは、昆布やカツオ節、いりこなどを煮ることで、グルタミン酸、イノシン酸などの「うま味」成分を引き出し、料理の味を奥深くするもの。うま味を上手に使うことで、素材の味を活かし、そして最大限引き出した料理ができ、塩分を控えることもできるのでとても健康的です。

 

京都でおすすめの料理教室

1.料理教室ハル HARU Cooking Class -Kyoto-

Japanese-cooking-classes-kyoto1
http://tylerandchelsea.com/travel/

京都の下賀茂にあるこちらの料理教室では、豪華なレストランで出てくるような料理ではなく、我々が日頃食べている普通の家庭料理を学ぶことが出来ます。

コースは、ベジタリアンコース、神戸牛を用いたコース、観光名所としても有名な錦市場を散策してから料理に取り掛かるコースの3つから選べます。どのコースでも材料から調理法に至るまで詳しく説明してもらえるので、理解しやすく、自分でも再度挑戦しやすくなっています。

また、こちらの料理教室は古い日本家屋で行われるので、普通の料理教室とは違い、友達の家に遊びに行ったような感覚で、料理を学ぶことができます。小人数制なので早めの予約をお勧めします。公式サイト

2.Cooking Sun

Japanese-cooking-classes-kyoto2

京都の中心街にほど近く、大変アクセスの良い場所に位置する料理教室。

コースは、午前中の「弁当コース」と午後の「居酒屋コース」の2つより選べます。「弁当コース」ではだし巻玉子、てんぷら、みそ汁などの料理を学べ、「居酒屋コース」では、家庭やレストランで食べられる人気の和食の作り方を学べます。どちらのコースでも「だし」の取り方から学べます。

こちらの料理教室も伝統的な日本家屋で行われるので、改めて和食の良さを味わうことができます。さらに本格的な和食を学びたい人のために、プロのシェフに学ぶコースもあります。公式サイト

 

京都には数多くの観光名所がありますが、伝統的な日本家屋で家庭料理を学ぶという体験はとても新鮮で、忘れられない旅の思い出になるはず。ぜひ、あなたの新たなレシピの1つに、ここで学んだ和食を取り入れてみてください。

関連記事:Super Simple Kyara-Ben (Character Bento) Making for Beginners

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop