Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

北海道・新千歳空港で覚えておくべきお勧めの「記念撮影」ポイント10ヶ所

北海道の空の玄関口・新千歳空港は、飛行機の乗り降りだけではなく、北海道グルメがいっぱいのフードエリアやアニメファン必見の初音ミクミュージアム、家族で楽しめるドラえもんパークなど見所たくさんの空港だということは以前ご紹介しました。

ただ、新千歳空港はそれだけではありません。今回は、「飛行機を楽しむことができるスポット」と「新千歳空港ならではの記念撮影スポット」をご紹介します。

 

1. 大空ミュージアム

New-Chitose-Airport-photo2
著者撮影

こちらは国内線ターミナルビル3Fのフードコートのお隣にある「大空ミュージアム」。たくさんの人達に空の旅の魅力を伝え、空港や航空に対する理解を深めてほしいという思いから誕生しました。

CAや整備士などの体験コーナー、操縦体験ができるフライトシュミレーター、クラシック航空機模型の展示コーナーなど、子供だけでなく大人もワクワクするような体験施設が用意されています。

そして、この大空ミュージアムにはお子様連れにとって絶好の撮影スポットが…

New-Chitose-Airport-photo3
著者撮影

子供用のコスチュームが用意されていて、パイロットやCAに変身できちゃいます。しかもコックピットの疑似体験やCA席に座ってのなりきりショットまで。子供たち大喜び間違いなし!

営業時間:10:00~6:00

 

2. 展望スペース

New-Chitose-Airport-photo4
著者撮影:国内線ターミナル3F フードコート前

こちらの展望スペースは、飛行機を背景に記念撮影ができるスポット。大空ミュージアムのすぐお隣、フードコートの目の前に広がる滑走路に、次々とやってくる飛行機はなかなかの迫力です。フードコート内には、飛行機の離着陸を眺めながら食事ができるイートインスペースもあります。

 

3. Airport History Museum

New-Chitose-Airport-photo5
著者撮影

大空ミュージアムから展望スペースを歩いていくと、正面に見えてくるのが「Airport History Museum」です。こちらは、新千歳空港の過去からの移り変わりをパネルで説明する「ヒストリーゾーン」、歴代の制服やイベントグッズなどを展示する「ギャラリーゾーン」、数多くの飛行機の模型を展示する「シンボルゾーン」の3つのゾーンからなるミュージアムです。

New-Chitose-Airport-photo6
著者撮影:ギャラリーゾーン

航空ファンにとってはお宝のようなグッズや懐かしい制服が展示されています。まさにここでしか撮影できない1枚をお土産に。

営業時間:10:00~18:00

 

4. 展望デッキ

New-Chitose-Airport-photo7
著者撮影:国内線ターミナル4F

「Airport History Museum」を出たところに、展望デッキへの入り口の目印となる看板があります。

New-Chitose-Airport-photo8
著者撮影

展望デッキからは滑走路を一望することができ、轟音とともに飛び立っていく飛行機を間近で体感することができます。先ほどの展望スペースでも飛行機を背景に記念写真を撮影できますが、やはりこちらの展望デッキの方が圧倒的に臨場感があります。国内線・国際線すべての航空機の離着陸を撮影することができる場所なので、ぜひ足を運ぶのを忘れずに。ただ、開放は期間限定で、営業時間内でも積雪状況により閉鎖されてしまう場合もあります。

営業時間:
6-9月 8:00~18:00
4・5・10・11月 9:00~17:00

 

5. Flyers

New-Chitose-Airport-photo9
著者撮影

国内線ターミナルビル4Fの「Flyers」は飛行機好きにはたまらないお店。店内を埋め尽くす航空機のモデルやおもちゃ、国内外のエアライングッズ、オリジナルグッズなど、航空ファンは見逃せないお店です。ここは店内の写真を撮影しておくと良いのと共に、お土産購入用のショップとして覚えておいて下さい。

営業時間:10:00~20:00

 

6. APINA

New-Chitose-Airport-photo10
著者撮影

Flyersと同じ、国内線ターミナルビル4Fにあるアミューズメント空間がAPINAです。日本のお菓子やアニメのキャラクターグッズがいっぱい入ったUFOキャッチャー、日本性のゲームが所狭しと並んでいます。飛行機の待ち時間を、家族やお仲間と楽しみながら過ごす事ができます。

New-Chitose-Airport-photo11
著者撮影

そしてここで忘れてはいけないのが、APINAの奥にある「新千歳空港限定のプリクラ」。北海道の名所やグルメをバックにみんなでハイ、チーズ!

営業時間:9:00~22:00

 

7. コカ・コーラ「ポーラーベア」

New-Chitose-Airport-photo12
著者撮影

お次はこちら、国内線ターミナルビル3Fのグルメワールドにある真っ白で大きなコカ・コーラポーラーベア。全長2.6メートルの巨大で可愛らしい木彫り熊のモニュメントです。

ポーラーベアの横にあるデジタルサイネージに手順に従って自分の名前を入力すると、ボードに撮影日付とあなたの名前が表示されます。北海道に来た記念として非常に良いですね。

 

8. ロイズチョコレートワールド

New-Chitose-Airport-photo13
著者撮影

国内線ターミナルと国際線ターミナルの間の連絡施設3Fにあるここ「ロイズチョコレートワールド」も記念撮影には欠かせない場所です。まずは、「ロイズポップチョコ」で人気の熊さんとパシャリ。鮭を手ににっこり笑うこの熊さんは2メートルもある大きなオブジェです。

New-Chitose-Airport-photo14
著者撮影

こちらはミュージアムにある巨大な板チョコのオブジェです。中央に空いている穴から顔を出して、甘ーいチョコレートの一部になって記念撮影はいかが?

 

9. ツルハドラッグ

New-Chitose-Airport-photo15
著者撮影

こちらは着物姿の顔出し看板です。国内線ターミナルから国際ターミナルへと向かう途中にあるドラッグストアの店頭にあります。日本の観光地には、このような顔出し看板が本当に多く存在しています。これは日本独特だというのを知っていましたか?

 

10. エゾパズル

New-Chitose-Airport-photo16
著者撮影

なんだかわかりますか?これは、国際ターミナルの出発ロビーにある巨大な木工パズル「エゾパズル」です。北海道に生きる動物たちを表現したエゾパズルは、一つピースを失うとすべてのバランスが崩れてしまう、一つも失うことなく共存しようというメッセージがこもっているそうです。パズル下中央の空間は人間ピース部分なので、あなたがここのピースになって記念撮影をどうぞ。

 

今回ご紹介した記念撮影スポットの中には、見逃しやすかったり、意外に知らない人の多い場所も含まれています。空港と言うと離着陸の場所としての印象だけが強いですが、1つの観光地としてとらえ、ゆっくり巡ってみると、案外おもしろい場所を発見できたりしますよ。

関連記事:新千歳空港

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Mika

About the author

I live in Hokkaido. I love the great nature and seasons of Hokkaido, delicious foods as well as travelling. I would love for everyone to learn about the beautiful aspects of Hokkaido and the rest of Japan.

View all articles by Mika
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop