Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

東京での散策におススメ!江戸情緒が残り、カフェやグルメが楽しめる小粋な街「神楽坂」

東京には、散策におすすめの場所がたくさんあるが、その中のひとつとしておすすめしたい場所に「神楽坂」がある。

神楽坂は、東西線「神楽坂駅」、もしくはJR東日本と東京メトロの「飯田橋駅」からすぐの場所にある、日本の江戸情緒あふれる観光スポット。石畳や路地などに小粋な店が立ち並び、かつては夏目漱石や森鴎外などの文豪たちにも愛された街として有名で、今日でも若者から年配者まで幅広い年代から人気のエリアだ。

 

神楽坂は日本のプチ・パリ?

kagurazaka-stone-pavement
https://www.flickr.com

神楽坂はよくフランスの街角にたとえられることがある。その理由のひとつが、神楽坂の特徴である石畳と路地、そしてそこに小さな店が立ち並ぶ風景が、モンマルトルをイメージさせるからということらしい。また、神楽坂には「アンスティチュ・フランセ」というフランス人学校があることもあり、実際にフランス人が多いエリアでもあるそうで、そんなこともフランスの街と対比される所以でもあるようだ。地図

 

神楽坂のおすすめスポット7

飲食店や雑貨店、スーパーマーケットなどさまざまな店が軒を連ねる神楽坂。数ある店の中でもここはチェックしてもらいたいという店をいくつかご紹介しよう。

まずは、坂下方面のお店から。

1.紀の善

kagurazaka-kinozen-shaved-ice
著者撮影

あんみつやババロア、お汁粉を食べることができる甘味処。甘いもの以外にも、ところてんや釜飯、ぞうすいなどのご飯ものもあるので、ランチやお茶に寄りたいお店。人気メニューは「抹茶ババロア」。夏の暑いシーズンには、かき氷などの期間限定メニューも登場し、季節を感じさせてくれる、ほっとできる休息所的存在の店。地図

2.志摩金

kagurazaka-shimakin
著者撮影

創業1869年の老舗割烹料亭。人気のうな重をはじめ、会席料理や幕の内弁当など、昔ながらの日本料理を食べることができる。少々お値段ははるが、日本料理を味わい、そして雰囲気を体験したいなら、是非訪れてもらいたい店。地図

3.龍公亭

kagurazaka-ryukotei
著者撮影

創業1889年の老舗中華料理店。もともと、1階で寿司屋を営み、2階で中華料理を提供していたそうだが、戦後には広東中華の専門店となって現在に至っている。店自体は2008年にリニューアルし、モダンな様相の店内と壁に覆われた外観が特徴的な店だ。老舗とはいえ、気軽に食事を楽しめる親しみやすい雰囲気があるので、ランチタイムなどの利用に特におすすめ。地図

 

坂の中腹にあるのがこちら。

4.五十番

kagurazaka-gojuban001
著者撮影

kagurazaka-gojuban002
著者撮影

kagurazaka-gojuban-meat-bun
著者撮影

1957年創業、種類豊富でボリュームたっぷりの手作り肉まんが有名な中華料理店。肉まんの他にも、シュウマイや餃子などの点心の販売も行っており、都内のデパートなどにも出店している有名店。小腹がすいたら店に立ち寄って、肉まんを片手に街を散策するのもいいだろう。もう少し坂を上がると2号店もあり、そちらでも商品を買うことができる。

本店:地図
2号店:地図

5.善國寺

kagurazaka-bishamonten
著者撮影

徳川家康によって建立された、400年以上の歴史をもつ由緒ある寺院。開運・厄除けの神・毘沙門天を祀っている。神楽坂の坂の中腹にあり、毎年7月に開催される「神楽坂祭り」の際には、ほおずきの鉢などを販売する「ほおずき市」を開催している。「毘沙門様」とよばれ、古くから民衆にも親しまれてきた寺である。地図

 

さらに坂をのぼると、今度は神社がある。

6.赤城神社

kagurazaka-akagi-shrine001
著者撮影

kagurazaka-akagi-shrine002
著者撮影

学問芸術の神と、縁結びや安産などの女性の願いを叶えてくれる神が祀られている神社。とてもモダンでスタイリッシュなデザインの神社だが、それもそのはず、デザイン・設計をおこなったのは、日本を代表する建築家・隅研吾氏。祈願とあわせて、日本の建築デザインにも触れることができる、静謐で落ち着いた場所であり、境内にはカフェもあるので、心身ともにリフレッシュできる。地図

 

坂を登りきった所にある最新スポット。

7.La kagu

kagurazaka-la-kagu
著者撮影

こちらは2014年にオープンしたまだ新しい商業施設だが、若者を中心に話題のスポットとなっている場所。50年程前に建てられた倉庫を活用した建物で、中には生活雑貨やファッション、カフェなどの店舗が入っている。レクチャースホールもあり、たまにトークショーなどのイベントが開催されており、ファッショナブルでインテリな空間を提供している施設だ。地図

 

以上、神楽坂のおすすめスポットをご紹介したが、ご紹介した場所以外にも本当にたくさんのお店や見所のあるエリアなので、実際に神楽坂を訪れて、自分のお気に入りスポットを見つけてほしい。わりと小規模なエリアだが、全体が坂になっているので、散策には思ったよりも体力がいることをお忘れなく。それでも、疲れを忘れてしまうくらいの魅力がたくさん詰まったエリアなので、観光スポットとして是非チェックしておくことをおすすめする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
KAWATA

About the author

I'm interested in general in all things related to culture and fine arts with a focus on movies, art, and design. I hope to introduce to many people all the different sides to Japan in regards to Japanese culture.

View all articles by KAWATA
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop