Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

今が最もお得!「九州ふっこう割」で最大70%OFF!

今年、2016年4月14日に、九州の熊本県と大分県で相次いで発生した大地震(熊本地震)の影響に伴い、観光客が激減した九州。そこで、観光客を呼び戻そうと企画されたのが今回の「九州ふっこう割」だ。これは、九州復興のためのキャンペーン期間内に、熊本及び大分を中心とした九州を旅行すると、国が最大70%の旅行代金を補助してくれるというものだ。「九州ふっこう割」のお得な旅行プランの販売は2016年7月1日から販売がスタート。この機会に九州を旅行して復興を応援しよう。

 

「九州ふっこう割」とは?

kyushu-fukko-wari-discount1

今回第一弾の「九州ふっこう割」は、2016年7月~9月の期間に九州各県を宿泊する旅行者が対象。発行されたクーポンを利用すれば、旅行代金のうち熊本と大分では最大70%、福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島では最大50%の割引を受けることができる。

この「九州ふっこう割」は、日本人だけでなく、勿論外国人観光客でも割引を受けることが可能なので、九州旅行を考えている方はぜひ利用してみては。各クーポンには利用上限枚数があるので、予約の際はお早めに。

 

「九州ふっこう割」が利用できる旅行プランとは?

kumamoto-castle
熊本城

kyushu-kumamoto
世界文化遺産「三角西港」でくまモンが復興を応援

「九州ふっこう割」が対象となる旅行プランは以下だ。

 – 九州内のホテル、旅館、民宿などの宿泊代金が割引となる宿泊旅行
 – 旅行会社が販売するパッケージツアーの旅行代金が割引となる交通付き宿泊旅行
 – 旅行会社が販売する日帰り旅行

旅行プランの予約の際に、「九州ふっこう割」の対象商品であるか確認して予約しよう。

 

「九州ふっこう割」の申し込み方法

1. 旅行予約サイトで申し込む

じゃらん: http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0590162201/
楽天トラベル: http://travel.rakuten.co.jp/movement/coupon/kyushu/
近畿日本ツーリスト: http://yado.knt.co.jp/sp/kyushu_fukkou/
日本旅行: http://www.nta.co.jp/kokunai/kyushu/ouen/coupon/
東武トップツアーズ: http://tobutoptours.jp/dom/kyu_shikoku/kyushu_fukko/
H.I.S: http://www.his-j.com/kokunai/kanto/tour_info/kyushu/welcomekyushu/
名鉄観光: http://www.mwt.co.jp/mdom/kyushu-fukkou/
JALPAK: http://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/kyu_fukko/
ANA sales: http://www.ana.co.jp/domtour/kyushu/dp_kyu/
西鉄旅行: http://www.nishitetsutravel.jp/kyushu-tour/kyushu.php
JR 九州旅行: http://jrkyushuryoko.jp/kyushu_fukkouwari.html

2. 旅行会社の窓口で申し込む

※旅行会社での店頭販売を準備中。取扱い旅行会社が決定次第、公式サイトで順次オープン予定。

九州ふっこう割公式サイト: http://kyushu-fukkou.jp/

3. 割引宿泊券の購入(販売は一部県のみ実施)

熊本県内の宿泊は専用WEB「VISIT熊本」にて: http://kumamoto.visit-town.com/

福岡県・長崎県・大分県・宮崎県内の宿泊は全国のコンビニエンスストア店頭端末にて

※各県の旅の詳細は販売決定後、公式サイトにて順次オープン

 

「九州ふっこう割」の第二弾は10月~12月の期間が予定されているが、今回の第一弾ほどの割引率は予定されていないので、このチャンスをお見逃しなく!

関連記事:九州に行くなら今!夏休みは「九州ふっこう割」で格安旅行!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Azuki

About the author

Favorite genres are various aspects of Japanese otaku culture. Having been away from Japan for some time, there are many scenes where Azuki realizes the differences between international culture and Japanese culture. Through her own experience and knowledge, she hopes to deliver useful information to the international community who are interested in Japan.

View all articles by Azuki
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop