Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

覚えておくと超便利!オシャレでエコにもなる日本の伝統的な風呂敷の包み方7種

私たちの日常生活の中で、何かを包むという行為はよく行われている行為のひとつ。誰かにプレゼントを贈る時、大事なものを持ち歩く時など、日本では昔、この包むという行為をたった一枚の布を使って行っていた。その魔法の布こそ「風呂敷」である。

今回は、この風呂敷を使ってできる日本の包み方をいくつかご紹介したい。写真:flickr.com

 

1.おつかい包み

furoshiki-otsukaitsutsumi

基本の包み方。特に四角いものを包む時に便利な包み方だ。やり方もとても簡単なので、是非いろいろなものを包んでみてほしい。

 

2.四つ包み

furoshiki-yottsutsutsumi
https://www.flickr.com

中央で二方向を結ぶので、おつかい包みよりも安定感のある包み方。重いものや大きなものを包むときに適している。

 

3.平包み

furoshiki-hiratsutsumi
https://www.flickr.com

一番シンプルで、結び目のないスタイル。おつかい包みと同じく基本の包み方だが、格式高い包み方であり、結婚や結納で使われる。結び目がないことにあやかり「いつまでもほどけないご縁を」という願いがこもっているのだとか。

 

4.瓶包み

furoshiki-bintsutsumi
https://www.flickr.com

割れやすい瓶を安定させて持ちやすくし、その上、持った姿をおしゃれに見せることができる包み方。誰かの家に招待されて日本酒やワインなどを持参する際に使ってみたい包み方。

 

5.本包み

furoshiki-hontsutsumi
https://www.flickr.com

その名の通り、本を(特に2冊)包む時に便利な包み方。それこそ自分のお気に入りや、美しい風呂敷で大事な本を包めば、ますます本が愛おしくなるだろう。

 

6.すいか包み

furoshiki-suikatsutsumi
https://www.flickr.com

すいかのような丸いものをつり下げて持てるようにする包み方。丸いものに限らず、いろいろ包むことができるので、覚えておけば買い物の時などに重宝するだろう。

包み方:http://www.kyoto-musubi.com/

 

7.リボン包み

furoshiki-ribontsutsumi

フラットな形のものを包む時に都合のよい包み方。見た目もかなり可愛いので、ちょっとした贈り物をする時にこのスタイルで包めば、喜ばれること間違いなし。

 

以上、ご紹介した以外にも、まだまだ様々な包み方がある。一枚の布で、これだけの包み方のバリエーションがあることに驚く一方で、日本人にとって何かを包むという行為がそれだけ身近で大切な行為だったのではないかとも感じられる。きっと贈る相手を思う気持ちや物を大切にする心が、「包む」という行為となって表れていたのではないだろうか。実際に自分の手で何かを包んでみると、自然とそういった気持が湧き上がって来るように感じられるから不思議だ。

是非いろいろな包み方を覚えて、贈る相手と自分を楽しませてみてほしい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
KAWATA

About the author

I'm interested in general in all things related to culture and fine arts with a focus on movies, art, and design. I hope to introduce to many people all the different sides to Japan in regards to Japanese culture.

View all articles by KAWATA
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop