Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

日本人の涼のとり方:山梨県・西沢渓谷で日本の夏をもっと楽しもう!

日本には四季があり、各々で異なる美しい景色が見られることが観光の魅力の一つです。春には桜や様々な花が咲き、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪、そしてそれに伴い文化的な行事も変化します。日本は、外国の方からすると、いつ来ても違った表情があり、飽きる事がありません。

しかし、日本の夏の暑さには驚いてしまう人も少なくありません。日本の夏はとにかく暑い!もしかしたら、暑さに慣れている東南アジアの人でさえ、日本のじめっと蒸し暑い夏に元気をなくし、旅行を楽しむ気分になれないかもしれません。

ただ、そんな日本には、蒸し暑い夏を乗り切る知恵がたくさんあります。かき氷や冷たい和菓子など食べ物で体を冷やすことはもちろんのこと、音で涼しさを得る風鈴、扇いで涼むうちわもあります。今回は自然から涼しさを得る方法の1つ、山梨県にある西沢渓谷を紹介してみたいと思います。

 

西沢渓谷は夏の観光名所の一つ

nishizawa-valley2
滑らかに削られた岩の間をエメラルドグリーンの水が勢いよく流れていく (Writer’s Photo)

西沢渓谷は山梨県北部に位置する渓谷で、美しい景色が見られることで有名な場所。渓谷には七ツ釜五段の滝をはじめたくさんの滝があり、マイナスイオンがたっぷりで涼しく、特に夏は多くの人で賑わいます。水が巨大な花崗岩を削ることでできたこの渓谷の美しさにはとても驚かされます。

渓谷沿いには遊歩道も設置されており、エメラルドグリーンの水が勢いよく流れおちていく様子を見ながら、ハイキングを楽しむことができます。夏にそんな遊歩道を歩けば、どれだけ心が癒され、そして夏の暑さを忘れられることか容易に想像できますよね。

 

西沢渓谷の歴史

nishizawa-valley3
遊歩道上にある地図 (Writer’s Photo)

見ての通り、人を寄せ付けないような大自然の中にある西沢渓谷。昔の登山家の田部重治という人物が何らかの方法でこの渓谷の全体像をとらえることに成功し、その様子を世に広めました。その後、地元の住民により渓谷沿いの遊歩道が作られ始め、復路として昔木材を運搬していたトロッコ道が再利用され、渓谷をぐるっと回るように今の遊歩道全体が完成したのです。遊歩道には大きな鎖が打ち込んであったり、トロッコの線路が残されていたりして、その深い歴史を今でも感じることができます。

 

美しすぎる渓谷内の滝たち

nishizawa-valley4
七ツ釜五段の滝 (Writer’s Photo)

西沢渓谷の魅力は何と言っても滝です。その流れ落ちる様子が美しいのはもちろんのこと、スケールも大きく、ダイナミックなその様子は、見る人全てを驚かせます。いくつもの滝の中でも特に見てほしいのが、西沢渓谷の主役でもあるこの「七ツ釜五段の滝」です。この滝の流れの中には七個の「釜」があり、五段に分かれて流れ落ちることからこの名前がついています。落差は上からおよそ 3m、4m、2m、9m、10m となっています。

nishizawa-valley5
貞泉の滝 (Writer’s Photo)

また、もう一つの素晴らしい滝は「貞泉(ていせん)の滝」です。遊歩道上にはこの滝を一番良い風景として望めることのできる展望台がありますので、ぜひ行ってみて下さい。その展望台では、いつも多くの写真家が集まり、必死に写真を撮っています。

nishizawa-valley6
カエル岩 (Writer’s Photo)

更に、滝だけでなくこの渓谷内には不思議な形をした岩もたくさんあります。これはその中の一つ「カエル岩」。まるでカエルが岩の上でケロケロと泣いているような形をしていますね。見る角度や人によっては全くそういう風に見えないこともあるかもしれませんが、きっと多くの人がこの面白い形をした岩の名前を理解できると思います。

 

遊歩道を歩く際の注意点

遊歩道はよく管理されていて、整備も行き届いていますが、山道と変わりはないので、歩く際には細心の注意が必要です。特に往路にある岩を削ったような場所や岩の上を歩くような場所では、道が濡れていることもあり滑りやすくなっているので、転ばないように注意して下さい。

また、道は狭く、人とすれ違ったり追い越す際にもぶつかってしまわないよう注意が必要です。いぬ等のペットを連れて行くのも危険なのでやめておきましょう。この西沢渓谷を訪れる際には、しっかりとした登山の装備、心構えを持って向かってくださいね。

※12月から4月いっぱいは遊歩道は閉鎖されています。

 

外国人の方にも自信を持ってお勧めできる日本の大自然・西沢渓谷。日本の伝統的な涼のとり方である、自然や視覚・聴覚を刺激する方法をぜひ体感してもらいたいです。また同時に日本人の方にも、エアコンなどがなかった時代の日本人が行っていた涼のとり方(風鈴や団扇同様に)を、今一度思い出してみてもらいたいです。

そう考えて西沢渓谷を訪れると、単なる自然観光がまた違った視点から楽しめると思います。地図

関連記事:日本一の大迫力!和歌山県が誇る世界遺産「那智の滝」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
FJ

About the author

Hi! My name is FJ. Travelling is fun and it's something that gives you life lessons and enriches your life. I hope travelling to Japan becomes one of those times for you too. I'm here hoping to help you have good times in Japan by providing information and tips on many kinds of things. Enjoy your travels!

View all articles by FJ
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop