Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

わっしょい!日本の夏祭りに行った時役立つ掛け声集

日本の夏と言えば、あなたは何を思い浮かべますか?海水浴、キャンプ、様々あると思いますが、やはり日本の夏と言えば祭りでしょう!そこで今回は、日本の祭りには欠かせない掛け声についてです。掛け声は、神輿を担ぐ時の勢い付けや雰囲気を盛り上げる際など、多くの場面で登場します。知っておけば、あなたも祭りの一部分になって、より楽しむ事ができるはずです。Photo: http://www.chichibu.co.jp/

 

わっしょい:最も有名な掛け声

kobe-danjiri-festival
https://www.flickr.com

「わっしょい」は日本全国で一番有名な祭りの掛け声です。主に神輿を担ぐ際に掛けられます。

わっしょいは、「和を背負う(わ(を)しょい)」や「輪を背負う」などが語源だと言われています。前者には、平和を願う気持ちや国の団結(昔は日本を和の国と呼んだ為)などの意味が込められているそうです。後者は、「輪」からわかるように、皆で一緒に何かを成し遂げようと言うチームプレーの象徴だと言われています。とても日本らしい、日本人らしい語源だと感じます。

 

ソイヤ・セイヤ:関西から来た掛け声

asakusa-sanja-festival
http://www.asakusaomatsuri.com/

今やわっしょいと同格級で知られる「ソイヤ・セイヤ」。元々は関西から発祥した祭りの掛け声で、東京で主流であった「わっしょい」に、地方出身者が「ソイヤ・セイヤ」を混ぜていったそうです。その結果、今では浅草三社祭などでは「わっしょい」ではなく「ソイヤ・セイヤ」が使われるようになっています。

浅草三社祭日程:毎年5月の3週目の(金)(土)(日)3日間

 

ヤットサー:徳島阿波踊り

tokushima-awa-odori

日本三大盆踊りの1つである徳島の阿波おどり。江戸時代より約400年の歴史ある踊りで、今や世界的にも非常に有名ですね。阿波おどりの掛け声で知られているのは下記2つ。主にヤットサーが現地では使用されています。

  1. A ア、ヤットサー B ア、ヤットヤットー:踊りの始まりや途中で使用する掛け声。合いの手となっており、非常に盛り上がる
  2. エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ:「エライ」と言う音で、「偉い」を連想するかもしれないがそれとは違う。これは関西弁のエライコッチャと似た意味で「大変なことだが平気だぞ」といった複雑な意味が込められているようだ

 

ラッセラー:青森ねぶた祭り

aomori-nebuta-festival
https://www.flickr.com

暗闇に浮かび上がる美しいねぶた、そう青森ねぶた祭りだ。青森ねぶた祭りは、豪華爛漫なねぶたに目を奪われがちだが、ちゃんと「ラッセラー」と言う有名な掛け声がある。語源は定かではないが、「(酒や蝋燭を)出せ出せ」と言うのが変化していったものだとか。

 

ライブコンサートやイベントなど、祭りでなくても掛け声は場を盛り上げるのに必要不可欠なものですよね。会場に集まる人の心を1つにしてくれる掛け声、恥ずかしがらずに大声で叫んじゃって下さい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop