Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

日本の「給食」は海外から見てもおいしい!小・中学校時代の好きな献立は何だった?

給食とは?

kyushoku-japanese-school-lunch2
Photo by flickr

全国の小・中学校などで組織的に提供される「給食」は、決められた時間に、クラスメイトや担任の先生と一緒に食べる形式がとられている。日本のように「いただきます」と全員同時に食べ始めるのは、世界的に見ると意外にも珍しく、海外では個々に食べたいものを食べたいだけ取るバイキング形式で、用意ができた人から自由に食べ始める国も多い。

実施当時は、戦後の子どもたちの栄養改善を目的としていた学校給食だが、今日ではそれに加えて、健全な食習慣を養うことや食文化への理解を深めるなど、教育効果を期待する目的で実施されている。

 

給食が始まったのはいつ・どこで?

kyushoku-japanese-school-lunch3
https://www.flickr.com

1889年、山形県鶴岡町(現在の鶴岡市)の私立・忠愛小学校だといわれている。学校は、貧しい家庭の子どもたちを対象に、授業料、そして給食までを無料で提供していた。その後、次第に各地の市町村で給食を始めるようになり、1932年には貧困児童救済のための政府の学校給食の補助が始まった。

今日のように日本全国の子どもが給食を食べるようになったのは、第二次世界大戦後である。全国で給食が食べられるようになったのは1952年頃からで、各生徒の保護者が給食費を全額負担するようになった。

 

変化する給食の献立

kyushoku-japanese-school-lunch4
https://www.flickr.com

最初の学校給食である1889年の献立は、おにぎり、塩鮭、菜の漬物といった内容のものだった。1947年になって全国都市において給食が開始された時は、給食と共にミルク(脱脂粉乳)が提供されていた。脱脂粉乳は、いわゆる粉ミルクをお湯で溶かした飲み物で、大変飲みにくく、子どもたちからはあまり好まれなかったようだが、1964年に牛乳に切り替わるまで提供され続けた。

1950年頃になると次第にメニューも増え、1976年には米飯給食が開始された。そして今日では、パンまたは米飯、ミルク及びおかずといった栄養バランスよく構成されたメニューが、ほとんどの国公私立学校で提供されている。

また、一般的なメニューだけではなく、地域によっては地元の特産品を使った郷土料理のメニューを提供するなど、メニューのバリエーションが非常に豊富なのも日本の給食の特徴である。

 

大人になっても食べたくなる2大人気給食メニュー

1.揚げパン

kyushoku-japanese-school-lunch5
https://www.flickr.com

油で揚げたパンに、砂糖やきなこ、ココアパウダーといった味をつけた菓子パン。筆者が小中学生だった頃も、大人気のデザートメニューだった。

揚げパンは、一般的なパン屋や、揚げパン専門店などでも販売されている。子どもから大人までおいしく食べられる日本の給食定番の人気メニュー。

2.ソフト麺

kyushoku-japanese-school-lunch6
https://www.flickr.com

学校給食用に開発された麺。1960年代、学校給食の主食を増やすために作られたという。麺を2等分か4等分に袋の上から割り、付け合わせの汁につけて食べる。地域によって、めんつゆからカレー、ミートソースまで、付け合せもいろいろあるようだ。

 

東京都内で給食が食べられるお店3選

ところで「懐かしの給食を食べたいけど、もしかして食べることができる場所はあるの?」と疑問がわいてきたあなた。もちろん、食べることのできる場所がある。昔を懐かしんで給食を食べたいと思う大人たちは意外と多く、現役の学校ではないが、そんな願いを叶えてくれるのが下記のお店だ。

来店すれば、あなたもきっと当時の小学生気分を味わうことができるだろう。

1.給食当番

kyushoku-japanese-school-lunch7
https://www.flickr.com

「あげパン」や「ソフト麺」など、昔懐かしの給食のフルコースが食べられる。また、店には教室風のパーティールームがあり、4名以上なら貸切りのパーティーもできる。公式サイト:http://kyusyokutoban.jp/

2.個室居酒屋6年4組

こちらは、学校シチュエーションの居酒屋。校長室、音楽室や理科室など、小学校にある各教室、また家具や小物、そしてBGMといった細部に至るまで、小学校を再現しているので、来店すれば小学生時代の気分を体験できること請け合い。

店は、大阪、東京、京都、福岡に数店舗展開している。公式サイト:http://www.6nen4kumi.com/

3.駄菓子バー

kyushoku-japanese-school-lunch8
https://www.flickr.com

昭和レトロな内装が魅力の駄菓子食べ放題のバー。駄菓子の他、給食メニューも提供しているので、こちらのお店でも懐かしの給食が楽しめる。

東京都内に数店舗、神奈川県にも店を展開している。公式サイト:http://www.dagashi-bar.com/

 

給食についてもっと知りたい人はここへ行ってみよう!

学校給食歴史館

もっと給食について知りたいあなたには、ここがおすすめ。2010年に埼玉県にオープンした「学校給食歴史館」。ここでは、ポスターや当時の給食のレプリカなどが展示されており、給食の歴史や情報に触れることができる。地図

 

子供時代の懐かしいあの日々を思い出したい方々は、是非こうしたお店へ行って給食を食べてみるのもお勧めだ。忙しい日々に追われ、忘れかけていたあの頃を思い出し、束の間の休息を取ってみてはいかがだろう。

関連記事:
Undokai (Field Day): Looks Like the Olympics but Just a School Event
Japanese Customs for Indoors: Shoes are Off, Uwabaki Slippers are On

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
KAWATA

About the author

I'm interested in general in all things related to culture and fine arts with a focus on movies, art, and design. I hope to introduce to many people all the different sides to Japan in regards to Japanese culture.

View all articles by KAWATA
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop