Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

東京の美味しいカフェ「フグレントウキョウ」 ― ニューヨークタイムズ紙が賞賛した最高のコーヒー

朝は必ずコーヒーを飲む人、コーヒーにはこだわりたい人、コーヒーが生活の一部となっている人など、コーヒー好きは日本人にも多いでしょう。ワンランク上のコーヒーを飲みたいならば、ぜひ足を運んでみて欲しいお店が東京にあります。そのコーヒー店は、あのニューヨークタイムズ紙が、飛行機に乗ってまで海外から飲みに行く価値ありと紹介したほどのお店です。

 

フグレントウキョウについて

Fuglen-Tokyo2

東京の代々木公園近辺にあるカフェバー。本店は、世界最高品質のコーヒーカルチャーを持つノルウェーで1963年より長年愛されてきたフグレンオスロ。フグレントウキョウはその2号店にあたり、海外初進出の店舗である。昼はカフェ、夜はバーと言う2つの顔を持ち、東京に住む外国人常連客も多い。 地図

 

外観

Fuglen-Tokyo3

シンボルマークは赤い鳥マーク。古民家を改装した店が、東京の中でも一際閑静な住宅街の中にひっそり建つ。店外にも多くのテーブルや椅子が用意されており、朝食を取る人、新聞を読む人、パソコンをする人、考え事をする人、会話を楽しむ人など、リラックス空間が広がっている。

 

店内

Fuglen-Tokyo4Fuglen-Tokyo5

店内は木の温もりを感じられる落ち着いた空間で、本店フグレンオスロを再現していると言う。ノルウェーのヴィンテージ家具や陶器、インテリアが多く並び、気に入ったものがあれば購入することもできる。

 

お勧めはエアロプレスコーヒー

Fuglen-Tokyo6
エアロプレスコーヒー:http://tabelog.com/

エアロプレスとハンドドリップがあるが、やはりフグレントウキョウの代名詞はエアロプレスコーヒー。エアロプレスとは、空気圧でコーヒー豆のエキスを搾り出す事で、豆本来の味を楽しめる抽出方法。浅煎りの為、驚くほどフルーティーな酸味のあるノルウェーコーヒーの特徴を存分に楽しめる。まさに新鮮なコーヒー豆の味そのものだ。

Fuglen-Tokyo7
コーヒー豆販売も行っており、持ち帰って自宅で再現する事も可能。

 

朝食もOK

Fuglen-Tokyo8
http://ameblo.jp/himefelice/

ノルウェーコーヒーに合うブレッドもいくつか販売されており、フルーティーなコーヒーと甘いパンの相性はばっちり。食べ物の持ち込みは自由なので、自分の食べたいものを買っておくのもアリだ。

高級感があるお洒落な店内だが気張る必要はない。値段も通常価格なので、気軽に足を運んでみると良いだろう。英語メニュー、英語対応スタッフもいるので、日本語がわからない外国人も安心して利用できる。日本に住むノルウェー人をも納得させる一杯は、一度飲むと病み付きになってしまうかもしれない。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop