Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

茨城県「牛久大仏」―意外と知られていない日本一大きい大仏

大仏と言えば奈良や鎌倉の大仏が有名ですが、実は更に迫力ある大仏がある。その大仏は日本一の大きさを誇っているにも関わらず、思ったよりも知名度は低い。今回は、そんな珍スポットとも呼べる観光場所の見所をお見せします。

 

牛久大仏について

UshikuDaibutsu-GreatBuddha2
http://bluestyle.livedoor.biz

茨城県牛久市にある日本一大きな大仏立像。立像としては世界で3番目に大きく、青銅製の立像としては世界一の大きさ(ギネス世界記録認定)。周辺に何もない茨城県の田舎の地にそびえ立つその巨大仏像は、もの凄い存在感を放っている。

 

牛久大仏の大きさ比較

UshikuDaibutsu-GreatBuddha3
左から牛久大仏、国会議事堂、自由の女神、奈良の大仏https://www.flickr.com

その巨大さを表す有名な大きさ比較がある。それは、「牛久大仏の手の平に奈良の大仏が乗り、自由の女神(像の部分のみ)の3倍の大きさ」と言うものだ。

<牛久大仏の基本データ>
地上高:120m
総重量:4,000t
左手の大きさ:18m
顔の大きさ:20m

 

見所1:足元に広がる花畑

UshikuDaibutsu-GreatBuddha4
牛久大仏の足元には、極楽浄土をイメージした庭園が広がり、四季を通じて数多くの花々が色鮮やかに咲き誇る。特に春は、足を運ぶべき時期の有力候補である。

見所2:実寸大の右足親指

UshikuDaibutsu-GreatBuddha5
https://www.flickr.com

5階に分かれた胎内に入場する事ができる。数多くある撮影ポイントの中の1つが、この実寸大の足指。いかに牛久大仏が大きいかを肌で実感する事だろう。

見所3:胎内展望台

UshikuDaibutsu-GreatBuddha6
http://kasakoblog.exblog.jp/

かかとの部分からエスカレーターで地上80~85mまで登ると、牛久大仏の胸辺りにある胎内展望台に。胸元には3本のスリッドがあり、そこから眼下の景色を眺める事ができる。

UshikuDaibutsu-GreatBuddha7
https://www.flickr.com

先ほどまでいた中央通りがあんなに小さく見える程の高さ。晴れているとここから富士山や東京スカイツリーも見える。

見所4:東京から見える牛久大仏

UshikuDaibutsu-GreatBuddha8
六本木ヒルズからの見える東京スカイツリーと牛久大仏http://twitpic.com

その巨大さゆえ、胎内からの眺めとは逆に、晴れた日には約60km離れた東京・六本木ヒルズから牛久大仏が顔を出す。

見所5:蓮華蔵(れんげぞう)世界

UshikuDaibutsu-GreatBuddha9
https://www.flickr.com

3階には極楽浄土を表す「蓮華蔵世界」と呼ばれる空間があり、静寂と安堵感に満ちている。大小様々な3400体にも及ぶ胎内仏がずらりと並び、その数と眩い黄金の光に圧倒される事だろう。

見所6:写経体験

UshikuDaibutsu-GreatBuddha10
https://www.flickr.com

写経体験スペースも設けられている。写経とは、仏様のお言葉であるお経の文章を一文字一文字書き写していく事。

UshikuDaibutsu-GreatBuddha11
https://www.flickr.com

とても難しそうだが、ライトにより浮かび上がった漢字をなぞるだけなので、初心者や漢字がわからない外国人でも簡単にできる。重要なのは、一文字一文字丁寧に願いを込めながら書く事。すると自然と心が穏やかになる感覚を味わう事でしょう。びっくりするくらい上手な漢字を書けますよ。

見所7:花火・ライトアップ

UshikuDaibutsu-GreatBuddha12

夏の期間にはライトアップや花火が打ち上がり、更に幻想的な世界に変貌する。牛久大仏の花火の特徴はたった5分間だと言う事。その5分間に持てる力のすべてを込めた最大火力の花火が打ち上がる。他の花火大会では味わう事のできない、とにかく凄まじい迫力、迫力、迫力!一瞬で終わってしまうが、その潔さは非常に気持ちが良いです。

 

まとめ

UshikuDaibutsu-GreatBuddha13
https://www.flickr.com

その壮大さで自分の悩みなど本当にちっぽけに感じてしまう牛久大仏。有名観光地級に行く価値ありの場所なので、今回の見所を下準備として、ぜひ行ってみて下さい。地図

関連記事:なぜ日本の花火って夏なの?花火に込められた日本の心と伝統

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop