Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

相模国(神奈川)最古級の神社「有鹿神社」 ― 5000年以上の歴史ある驚愕のパワースポット

その昔、神奈川県一帯は相模国と呼ばれ、1つの国家でした。その相模国において、最古級の古い歴史を持つ神社があります。その神社は、多くの人が観光で訪れる有名神社のような派手さはありませんが、その深い歴史と共に、今でもしっかりと残っています。これから、その神社の歴史についてご紹介しましょう。

 

有鹿神社(あるかじんじゃ)とは

aruka-jinja1
本宮:http://travelog-jpn.blogspot.jp/

現神奈川県の鳩川沿いに形成された地域にある5000年以上の歴史ある神社。それぞれ違う場所にある、本宮、中宮、奥宮の3社を総称して有鹿神社と呼ぶ。祀られている神様は1つではないが、メインの神様は、奥宮に祀られている水の女神・有鹿比女命(アリカヒメノミコト)である。

1.本宮

aruka-jinja2
http://www.tesshow.jp/

本宮は神奈川県海老名市にある。美しさや豪快さと言うよりも、ひしひしとその深い歴史を漂わせる雰囲気を感じさせる。

2.中宮

aruka-jinja3

本宮から数百m離れた所にある有鹿之池の事を指す(水は張られていない)。鳥居なども一緒に建っている。

3.奥宮

aruka-jinja4
http://kazehikaru.exblog.jp/

奥宮は神奈川県相模原市にある(本宮から数kmほどの距離)。森の中を数分進むと、苔の生えた鳥居が静かに存在している。これが本宮であり、かなりのパワースポットである。ここまで来たら、小川沿いを奥にもう少し進んでみよう。

aruka-jinja5
御神体:https://ja.wikipedia.org

有鹿神社すべての源となる有鹿の泉が湧き出ている所に、小さな鳥居が見える。ここに有鹿比古命(アリカヒメノミコト)がいるのだ。この湧き水が、鳩川に流れ、海老名市にある本宮まで届き、そして相模川に合流していく。通常ではなかなか出会う事のできない程の神秘的な場所だ。

 

有鹿神社と勝坂遺跡の関係

katsusaka-site1katsusaka-site2
https://commons.wikimedia.org

御神体がある湧き水付近には、縄文遺跡として有名な勝坂遺跡がある。縄文時代の集落形成の第一条件は、生きる為に必要な水がある場所である事。よって、この奥宮の湧き水を水源に利用し、縄文人たちは集落を形成していたと言われている。ただ、縄文時代に神社や鳥居の概念はなかったので、単にその有り難い湧き水を崇めている内に、徐々に水の神様として現代に受け継がれていった、と言うのが自然だろう。どうであれ、5000年以上前から湧き出る湧き水であり、訪れてみる価値がある場所である事には違いない。

今回は、今までの国内観光の記事とは少し違った視点からのアプローチでしたが、たまにはこのような観光地も魅力的ではないでしょうか。地図

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop