Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

日本の「猫島」まとめ ― 元祖は宮城県「田代島」、愛媛県「青島」は猫の楽園

ネコ、ネコ、猫!、どこを見ても猫だらけの島が日本にあるのは既にご存知だろう。しかし、日本に存在する猫島は1つではない。今回は、猫島まとめとして、猫島と呼ばれる7つの島をピックアップした。そして、その中でも特に有名な猫島代表2つをご紹介する。

 

田代島

宮城県石巻市にある元祖猫島。猫島として認識され、はや約10年。人と会う確率よりも、猫と会う確率の方が断然高いのがここ田代島である。

そして既に気付いた人もいるかもしれないが、石巻市と言えば東日本大震災で壊滅的な被害を受けた地。しかし、当時島の猫たちはいち早く異常に気付き、集団で山の上の方へ避難していた為、ほとんどが無事だったそうだ。

また、復興の為に島の猫を使い「猫プロジェクト」として寄付金を募った所、予想もしない多額の寄付金が集まったと言うとても有名な話がある。まさに猫と共に歩んでいる島である。

1. 漫画の島

hyokkori-hyotan-jima
http://hitomiza.com/

田代島は、猫島以外に「漫画の島」とも呼ばれる事がある。これは、ヒット人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった島だからだ。

2. 島民と共に生きる猫たち

Cat-Island-tashirojima1
http://naochago.exblog.jp/

Cat-Island-tashirojima2
http://blog.goo.ne.jp/shimajiro723

島民は100人以下で、平均年齢も高く高齢化の一方を辿っている。猫にとっては、これが暮らしやすい環境的要因の1つになっているのかもしれない。

3. 猫神社

tashirojima-neko-jinja
https://www.flickr.com

島のほぼ中央には、田代島の観光スポットとして知られる猫神社がある。田代島では昔から、猫は大漁を招く縁起の良い生き物として大事にされており、島民によって祀られているのだ。猫の絵が描かれた石が所狭しと置かれている。

<アクセス>

JR石巻駅下車 ― バスに乗りバス停「網地島ライン」下車 ― 石巻港からフェリー「網地島ライン」に乗って約40分

※網地島ラインは1日に3便しかないので注意。田代島へ向かう便の時刻は、9時、12時、15時なので、帰りの便の事も考えて、一番早い9時のフェリーには乗っておきたい。
網地島ライン運航情報:http://ajishimaline.com/

 

青島

Cat-Island-aoshima2
http://news.yahoo.co.jp/

元祖猫島と並んで有名なのは、愛媛県大洲市の青島。「島民15人に対して猫100匹」と言うキャッチフレーズで一躍有名となった猫の楽園だ。

<注意/禁止事項>

– 猫への餌やり禁止
– 民家、私有地への立入禁止
– ゴミは持ち帰る

田代島、青島は、猫島として世界でも有名となってきてはいるが、島民の数が少なかったり、高齢である為、観光地としての体制が整っていないのが現状だ。しかし、ルールさえしっかり守れば、島民たちも歓迎してくれるので、思う存分猫たちと楽しい時間を過ごして来て欲しい。

 

その他の猫島

– 香川:男木島(おぎじま)
– 岡山:真鍋島(まなべしま)
– 福岡:相島(あいのしま)
– 福岡:藍島(あいのしま)
– 滋賀:沖島(おきしま)

関連記事:
瀬戸内海に浮かぶウサギ島(大久野島) ― 世界中の動物好きが訪れるウサギの楽園
奈良公園 ― 世界で唯一、鹿と人間が共存するエリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop