Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

冬の風物詩「こたつ」 ― 伝統的日本家屋の構造が誕生させた日本式暖房テーブル

日本の冬には欠かせない「こたつ」。こたつを押入れから出すと、日本人は冬の到来を感じます。今回は、現在もなお使われ続け、愛され続けるこたつの歴史や秘密に迫ってみましょう。

 

こたつとは?

布団と一体化した日本式暖房テーブル。テーブルの裏に熱を発生する装置が付けられている。

 

こたつの歴史

こたつの始まりは室町時代にまで遡る。当時、寒さを凌ぐ方法と言えばもっぱら囲炉裏だった。しかし、囲炉裏は炭に近い部分しか暖かくならない為、その上に布団を被せたらどうかと言うのがこたつの始まりである。今では、発熱元が炭から電気となり、現代のこたつとなっている。ゆたんぽも同じ発想から生まれている。

kotatsu2
http://suumo.jp/journal/

 

なぜ暖房があるのにこたつが使われる?

日本の伝統的な家屋は、障子や襖などにより、非常に通気性が良い構造だ。その構造は、夏に大きく効果を発揮する反面、冬には致命的である。部屋全体を暖める暖房よりも、布団を被せ密閉した空間を暖めた方が効率が良いのだ。まさに、日本文化から生まれた暖房器具である。

 

こたつの良さ

直に熱を感じる事ができる為、とても心地良いし、下半身だけ暖めているのにも関わらず、体全体まで温まってくる。一定空間だけを暖める為、暖まるまでの時間も短い。また、同じ場所に集まらなければいけない為、自然と家族団欒の機会が生まれる。

kotatsu3

日本の冬に良く見かける光景

1.こたつにミカン

kotatsu-mikan

すべての日本人は、なぜかこたつとミカンをセットに思い浮かべる。

2.こたつに猫

kotatsu-cats

暖かいので猫が集まってくる。日本の童謡「雪」には、「猫はこたつで丸くなる」と言う歌詞すらある。

3.寝正月

kotatsu-sleeping

こたつに入ってダラダラと正月を過ごす事を言う。この状態を表す言葉がある程、多くの日本人がこの状況に陥ってしまう。

 

室町時代から形状的にはほぼ変化していないこたつ。それが意味するのは、初代こたつが既に理にかなった構造であった事と、更には今でもなお愛され続けている事が伺える。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop