Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

日本の伝統的なくつ下「足袋」がオシャレ!あなたは足袋についてどこまで知っているだろうか?

日本の伝統的な靴下、「足袋」。今回は、近年、機能性やファッション性からも再注目されている足袋についてご紹介します。また、意外と知らない足袋選びのヒントも載せているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

足袋について

tabi-ninja

和装の際に身に付ける日本固有の靴下のような存在。足の下着である。小駒(こはぜ)と呼ばれる特有の留め具が存在するのが特徴。草履や下駄を履く時に用いる為、つま先が二股に分かれている。忍者が履いている地下足袋も足袋の一種である。

 

足袋の歴史

正確な発祥時期はわかっていないが、平安時代頃には既に使用されていたとされている。かなり古い歴史がある事は確かだ。

 

足袋の種類

大きく2つに分けられる。1つが、白足袋、黒足袋、色足袋、柄足袋などの色や素材の違いによるカテゴリー。もう1つは、地下足袋と言うカテゴリーである。

tabi-kabuki

白足袋:行事などの例祭や儀式、歌舞伎役者や能楽師、弓道やお茶などの席では白足袋でなくてはならない事が多い。
黒足袋:男性が普段時に用いる色のついた足袋。汚れが目立たないのも特徴。

 

地下足袋

jika-tabi

地下足袋とは、足の裏にゴム底が付けられた足袋。通常の足袋のように靴下としてではなく、そのまま屋外を歩く為、靴の役割を果たす。その構造から、地面の感覚を捉えやすく、足裏に力を込め易い為、大工職人や祭りの神輿を担ぐ人々に向いている。先に述べた忍者が履いているのも、この地下足袋である。

 

小駒(こはぜ)による足袋の選び方

tabi-kohaze

普段、和装を着る機会がないと足袋の選び方がわからないものだ。今回は足袋を購入する時に迷わない為の、ちょっとした選ぶ際のヒントをご紹介しよう。注目するのは足袋に付けられた小駒と言う金具。4枚のもの、5枚のものといくつか種類がある。厳格な決まりはないが、用途によって、この数を使い分けると良い。

4枚小駒(カジュアル):足首に浅くフィットする。その為、正座をする際は5枚小駒よりも楽。普段着や仕事使いとして利用される事が多い。旅館の女将さんなどが履いているものがこれだ。

5枚小駒(フォーマル):足首に深くフィットする。その為、立ち姿が美しく見え、見栄えが良い。ふくらはぎが見える機会がある人が利用すると良い。日本踊りやお茶会などの席でよく履かれている。

 

現在の足袋

1. 5本指ソックス

five-fingers-socks

これは足袋ではないが、原理は足袋と似ている。それぞれの指が独立する為、力が込め易い。アスリートが愛用している事も多い。

2. ファッションショー

tabi-fashion-show
http://www.marugo.ne.jp/blog/

足袋のショーが開かれる程、そのファッション性についても注目を浴びている。

最近では機能性にも注目が集まっている為、山歩き用や靴代わりに使用する若者が、国を問わず増えています。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop