Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

2016年の「中秋の名月」はいつ?お団子を供えて秋の「月見」を楽しもう!

日本に古くから伝わる代表的な秋の風習のひとつ、月見。毎年、秋の行事として空に浮かぶ美しいお月様を眺め、月見を楽しんでいる方も多いことでしょう。今回は、月見という行事とその作法、それに関する様々な意味、そしてどのような形で受け継がれているのか、月見に関するマメ知識を改めてご紹介します。意外と知らなかった事もあるかもしれませんよ。

 

月見の時期

「十五夜」と「十三夜」に行われます。2016年は、十五夜が9/15、十三夜が10/13です。片方しか行事を行わない場合、縁起が良くないと言われています。ただ、有名なのは十五夜の方で、今は十三夜は行わない人も多いです。この日にちは、年毎に変動します。

 

この時期に行うの理由

年に12~3回ある「満月の日」だからです。ただ、正確な満月の日は少しずれていて、今年で言えば9/17が満月です。十五夜、十三夜が毎年変動するのと同様に、満月の日にちも毎年変化します。特に十五夜の満月が一番きれいだと言われています。

 

行事の内容

通常、お供え物をして、綺麗な満月を見ながらみんなで食事やお酒などを楽しみます。供える物には、それぞれ意味が込められています。

tsukimi2
http://natural-ring-trust.hatenablog.com/

月見団子

米粉で作られた月に似せた団子は、獲れた米に対する感謝の意味が込められています。  

ススキ

ススキは稲穂に似ているので、来年も穀物が豊作になるようにと願いが込められています。また、ススキは月の神様を招く目印にもなっています。そして行事が終わった後、備えたススキを玄関先などに吊るしておくと魔除けの効果があり、一年間病気をしないと言われています。

その他

その年に収穫した芋類、果物、酒。特に良いとされているのは、里芋やサツマイモ、そしてツルのある果物(ブドウなど)。果物のツルで、月と人をより繋げてくれると言われています。

そして月見をしながら供えた物を食べる事により、健康と幸せを祈ります。月見団子は十五夜であれば15個食べます。盛り付け方は、下の段から9個4個2個の順で並べるのが正規の並べ方です。

 

月見を起源とし現代に受け継がれているもの

1. 兎型の饅頭

tsukimi3tsukimi4

よく見かける兎を模ったお饅頭。当然のように、日本では月には餅をついている兎がいると言われていますが、実は国によって月の模様は、バケツを運ぶ少女だったり、本を読むおばあさんだったりと、兎ではない別の物に例えられています。

2. 月見バーガー

tsukimi5

秋の季節になると食べたくなる、大人気の月見バーガー。これを食べないと秋が来た気がしないという人も多いのでは!?

3. 美少女戦士セーラームーン

Sailor-Moon

今や世界でも大人気のセーラームーン。ストーリーと世界観にぴったりな主人公の名前は、ご存じ「月野うさぎ」!

 

月見の楽しみ方

tsukimi6

昔は、月を見上げて見るのではなく、水面に反射した月を楽しむ風習がありました。屋形船に乗りながら、昔風に、水面に反射した月でお月見をすると雰囲気最高です!

関連記事:
海外にはない日本独特の伝統文化「お盆」の深い意味
お勧め!東京にある紅葉の名所4 ― 「明治神宮外苑」「六義園」「奥多摩湖」「高尾山」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop