Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

日本の職人技が光る!象嵌(ぞうがん) ― 侍の刀や鎧を彩る豪華な和柄

日本以外にもある「象嵌」だが、日本の象嵌の特徴と言えば、やはりその丁寧な職人技と日本柄だろう。今回は、どのような日本製品に象嵌が利用されているのかをご紹介する。タイトル:写真

 

象嵌(ぞうがん)とは

工芸品の装飾技法の一つ。素材となる金属・木材・陶磁などに、金や銀、木や陶磁などの他の材料をはめ込んで模様を表すもの。日本語で表すと「象嵌」と言う漢字になるが、これは象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味がある為である。

japanese-inlay2japanese-inlay3
http://www.nakajima-zougan.jp/making/

江戸時代には優れた象嵌職人が数多く存在し、特に京都で作る象嵌を「京象嵌」と呼んだりもする。

 

象嵌を施された日本製品

1.日本刀

japanese-sword-brim1japanese-sword-brim2
http://japan.digitaldj-network.com/

日本刀の拵え(こしらえ)に象嵌が施されていた。拵えとは、柄(つか)や鞘(さや),鐔(つば)といった刀の外装部分の事である。みなさんご存知の通り戦う侍だが、派手さや華やかさも大事だったのは言うまでもない事実である。現に、日本の骨董品には、鮮やかで派手な日本柄の物が数多く存在する。

2.鎧

japanese-inlay-armor1japanese-inlay-armor2
http://www.wako-doll.com/

象嵌によるワンポイントが付けられている。このような鎧の細部には家紋を入れる事もある。

3.重箱

kyoto-japanese-inlay
川人象嵌:桜花図:http://www.shinise.ne.jp/

徳川埋蔵金でも入っていそうな豪華な重箱だ。昔話浦島太郎では、このような重箱を開けるとたちまち年老いてしまうと言う話は誰もが知る話だ。

4.根付

japanese-inlay-netsuke

着物の装飾品根付にも象嵌の技術が利用される事がある。着物の帯締めにも同様に利用される事がある。

関連記事:江戸時代の必須アイテム「根付」 ― 現代に受け継がれる日本伝統の芸術品

 

もし今回見せたような昔の日本製品に興味がある方は、月にだいたい2回程開催されている大江戸骨董市に足を運んでみると良いだろう。大江戸骨董市は、日本最大規模の骨董市で、海外でも既に有名だ。とんでもないお宝やレア商品が、破格の値段で売られる事もしばしばある。

関連記事:日本の伝統工芸「薩摩ボタン」 ― 江戸時代、革新的な和と洋の融合

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop