Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

あぶり餅:京都にある日本最古の和菓子屋

あぶり餅を知っていますか?あぶり餅とは、きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し、炭火であぶったあと白味噌のタレを塗った餅菓子です。京都では、北区にある今宮神社に併設された和菓子屋があり、平安時代からある日本最古の和菓子屋さんとして有名です。大昔、今宮神社の参道では、応仁の乱や飢餓のときに庶民にもあぶり餅を振舞ったという話があります。

また、あぶり餅に使われている竹串は、今宮神社に奉納されたものを使っていて、あぶり餅を食べると病気や厄除けなどのご利益があると言われています。

kyoto-aburimochi2
Writer’s Photo

今宮神社のすぐそばに日本最古のあぶり餅屋さんがありますが、「かざりや」さんと「いちわ」さんの二件が競合しています。「かざりや」さんは600年ほどの歴史があり、「いちわ」さんは1000年ほどの歴史があります。

両方とも雰囲気も味も最高なのですが、「いちわ」さんのあぶり餅のタレのほうが甘味が強いように感じます。

kyoto-aburimochi3
Writer’s Photo

1皿15本500円で、お茶は無料で何杯でも飲めます。暑い日には冷たく冷えたお茶が一緒にいただけます。

kyoto-aburimochi4
Writer’s Photo

出来れば、お店の入口とは真逆の奥側に席を取ることをお勧めします。

両方とも、裏手に庭があって、庭を眺めながらあぶり餅をいただくと、より一層おいしさが楽しめます。特に紅葉の季節は人も多いですが、庭を眺めながら食べるあぶり餅は最高です。

 

常に人で一杯なので並ばなくては食べられないかもしれませんが、京都の歴史を感じつつ、あぶり餅をのんびり試してみてはいかがでしょうか。近くにはかの有名な「金閣寺」もあり、徒歩では少し遠いですが、バスでならすぐなので、金閣寺の帰りがてらに寄ってみるのも良いでしょう。

また、毎月25日には付近の神社の北野天満宮で骨董市が開かれています。タイミングが合えば、周辺の散策も試してみてください。きっと楽しめるはずです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Taka

About the author

Taka has studied in the United States as an exchange student when he was in University. After graduation, he worked for Nomura Securities for seven years. Currently he works as a freelancer. His hobbies are playing the piano, playing basketball, singing songs in Karaoke, travelling abroad, and investing.

View all articles by Taka
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop