Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

東京のおにぎり専門店5選 ― 厳選された具材を使った、これぞ美味しい真のおにぎり!

日本のソウルフードのひとつである「おにぎり」。おにぎりは、保存性と携帯性に優れ、中身の具をアレンジして、いろいろな味を楽しむことのできる、日本の家庭で昔から親しまれている食べ物である。その人気は衰えることなく、今では複数のおにぎり専門店が、独自のこだわりを詰めこんだおにぎりを販売している。写真:flickr.com

今回は、東京都内でおいしく食べられ、購入できる、おにぎり専門店を5店ご紹介しよう。

 

ほんのり屋

onigiri-honnoriya
https://www.flickr.com

米、海苔、塩など厳選した素材を使ったおにぎりが自慢のおにぎり専門店。2002年に東京駅に第一号店をオープンし、現在、関東地方に店舗を数店かまえている。

「子どもの頃に、母親が握ってくれた愛情たっぷりのおにぎりを再現したい」という想いを基に、まごころたっぷりのおにぎりを店内で握って作っている。

また、米は日本米の代表格であるコシヒカリ、そしておにぎりに味付けする塩はミネラル豊富な海水塩を使っており、さらには、ご飯の余分な水分を調整するために、炊き立てのご飯を天然椹のおひつで保存するというこだわりよう。定番具のおにぎりの他、季節ごとに旬の食材を使ったおにぎりが提供される。

駅改札内にある店舗が多く、中にはイートインできる店舗もあるので、時間がない時やさっと手軽に食べたい時におすすめ。

 

おむすび権兵衛

onigiri-gonbe
著者撮影

関東地方の複数のエリアで展開しているチェーンのおにぎり屋。まず、ボリューム感たっぷりの見た目に驚かされる。大きさはなんと、市販のおにぎりの約1.5倍。

店は、手を通して愛情を直に伝えることを大切にしており、おにぎりひとつひとつは各店舗内で作られている。上質な米をつぶさないようにあえて柔らかく握るため、その触感はふんわりとしている。

米は契約農家から仕入れているが、米の大切さを実感するために、社員全員が契約農家へ行き、田植えと稲刈りをしているという。

また、ボリュームの割りに、良心的な価格設定なのがうれしい。おすすめはヘルシーな玄米おにぎり。オフィス街の一角にあり、店内でのイートインもできる店舗が多いので、働く女性やビジネスマンを中心に、使い勝手のよいおにぎり屋として重宝されている。

 

ぼんご

onigiri-bongo
https://www.flickr.com

大塚駅にあり店内で食べることができる、35年以上の歴史をもつ老舗おにぎり専門店。店内は全席カウンター席となっており、注文すると目の前で握られた作りたてを食べることができる。もちろん、テイクアウトも可能。

ボリュームがあるので、1つだけでも結構な満腹感を得られるおにぎりだが、種類も50種類以上と豊富なので、ついつい複数食べてみたくなる。メニューには、味噌汁と一緒のお得なセットメニューもある。また、他のおにぎりの2倍のお値段の筋子おにぎりは人気の一品。価格に抵抗があっても、食べれば納得の美味しさ。

日々通い続けるファンがいたり、このおにぎりのために当駅で途中下車する人もいる程の都内でも有数の人気おにぎり店。炊き立てのあつあつご飯で真剣におにぎりを握る職人技を目の前で見ることができるのも、非常に魅力的なポイントだ。地図

 

重吉

onigiri-jukichi
著者撮影

寿司や惣菜などの製造販売を行う京樽が展開しているおにぎり専門店。店は関東エリアのデパ地下に入っていることが多い。

握られるおにぎりの食材は、米は冷めても美味しいコシヒカリ、塩は海水を釜炊きした焼塩を使用。さらに海苔は、香りのいい有明産のものを使っており、食材にもこだわりが感じられるおにぎりを販売している。

渋谷にある店舗では、渋谷のシンボル的存在であるハチ公像にあやかって、ハチ公の顔がプリントされた海苔を使ったり、スカイツリーの下に立地する商業施設「東京ソラマチ」にある店舗では、スカイツリーの高さ634メートルの数字にちなんだ634gあるおにぎり「スーパージャンボ六三四」を販売したりと、話題性のある商品を展開している点が面白い。

具材によって差はあるものの、全体的に手頃な価格のものが多く、仕事帰りや小腹が減った時などに、つい買ってしまう手軽さのあるお店だ。

 

ゆのたに 俵大名

onigiri-tawaradaimyo
著者撮影

和食の良さを追求し、米を使った商品展開をする株式会社ゆのたにが展開するおにぎりブランド。東京を中心に、そごう・西武百貨店で12店舗展開している、テイクアウトのみのおにぎり専門店。

店では、米の産地、新潟県魚沼産の米を使った、米にこだわったおにぎりを提供している。やや小ぶりではあるが、米の美味しさを引き立てる絶妙な握り方で作られており、どのおにぎりも米の美味しさを堪能できる。定番のおにぎりから、豚角煮や煮穴子、チーズかつおのように珍しい具材を使ったおにぎりもある。

中でも、米の美味しさを思い切り味わうなら、シンプルな塩むすびがおすすめ。米にこだわっている店だけあって、冷めても美味しいので、持ち帰ってから食べても大丈夫。地図

 

日本では、おにぎりはコンビニなどでも一般的に販売されているので、手軽に購入できる商品だが、握りたてや手作りで作られた専門店のおにぎりはまた格別な美味しさがある。是非、おにぎり専門店のおにぎりの味を味わってもらいたい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
KAWATA

About the author

I'm interested in general in all things related to culture and fine arts with a focus on movies, art, and design. I hope to introduce to many people all the different sides to Japan in regards to Japanese culture.

View all articles by KAWATA
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop