Book a flight ticket
Search 02
Follow us! Facebook RSS Twitter
Goin’ Japanesque!

江戸時代の必須アイテム「根付」 ― 現代に受け継がれる日本伝統の芸術品

その昔、我々は着物に使用する小道具として「根付」という小物を使っていました。現代でも、その芸術性から根付は非常に高い価値が付けられ、数千万円で取引される事もある程。今回の記事では、根付とは何かあまりピンとこない方の為に、概要とその歴史的背景を解説します。

 

根付とは?

江戸時代に煙草入れや印籠、巾着などの提げ物を、紐で帯から吊るす時に用いた留め具。用途上、帯に引っかかったりしないよう、製造には巧みな技術が必要とされる。また、ファッションの一部として見なされていた為、デザイン性も重要視されていた。

netsuke2
http://hanakagesho.blog17.fc2.com/

 

使われるようになった理由

着物にはポケットが無かった。その為、江戸時代では小物を持ち歩く際、皆このような形態をとっていた。

 

使われていた材料

象牙やウニコール(一角鯨の角)と言った動物の角、黄楊(つげ)などが使われていた。

どの材料も非常に高価であり、江戸時代に入手するのは非常に困難な場合も多かった。

 

芸術的な根付の数々

netsuke3netsuke4netsuke5netsuke6netsuke7netsuke8netsuke9netsuke10netsuke11netsuke12http://www5d.biglobe.ne.jp/~mystudy/kikite/kikitetop.htm

 

現代にも息づく根付とは?

日本人は、小物をジャラジャラと付けるのがとても好き。携帯電話にアクセサリーを付けるのは日本発祥とされているが、この携帯電話ストラップの由来が根付であると言われている。

Cellphone

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterrest
  • Google+
  • LINE
  • LINE
Goin’ Japanesque!

About the author

Click here --> About Us

View all articles by Goin’ Japanesque!
{"dots":"false","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"6000","speed":"1000","design":"prodesign-16","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"3","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}
pagetop